■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
心理
コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する
石井 裕之 (2006/05/02)
光文社

この商品の詳細を見る



最近教室で読んでいます。
面白いなぁと思ったところとか、実用出来るかも、と思ったページに付箋を貼っています。
さらに、そのページの重要キーワードにチェックを入れたりしています。
そうやって、休み時間のいくらかを過ごしています。

















行き交うクラスメートに、
変な目で見られること数多。



どうも、ケンです。
いいじゃん、心理学。いいじゃん、催眠術。



banner3


さて、ここから先は自分の書き殴り内容。
読みたい人だけ読めばいい。

















別に今に始まったことではないのですが、
人の気持ちの食い違いというのは、何故起きるのでしょうか。
何故自分が思っていることが、相手にそのまま伝わらないのでしょうか。




僕が心理学を囓ったりしたのもここに由来します。
勿論、ホントに囓ったぐらいです。
自我とか、超自我とか、esとか、ああいうのを軽く勉強しただけ。




先日紹介した市川拓司さんの本「恋愛写真」にも、そういうフレーズがあります。
作中では、片思いの事を書いていたのですが、
別に、それは恋愛感情に限ったものではないはずです。
日常生活のあらゆる所に、食い違い、誤解、そういうものが転がっています。
その度に、人は多かれ少なかれ傷つき、不快感を覚える。
僕みたいな退廃的、すなわちネガティブシンキングの人間は、どうして……と自分を責めるかも知れません。




誰のせいでもないのは分かっています。
僕もそんなにバカじゃないですからね。
でも、それでも誰かにその責任の一端を押しつけるようでイヤだし、
そういう風にするぐらいだったら、自分が傷ついてしまう方がいい、って気分になる。











そういえば、中学生時分か、高校に入ってからか、よく覚えてないんですけど、
いつしかこういうことを考え始めていました。
答えなんて無いのは分かっていても、永遠探し続ける、無謀な冒険家です。
でも、僕にはそうするより他道はなかった。
何だかんだと込み入った事情が、あったんです。
その事情というのを、ここで開けっぴろげに言うつもりはありません。
そういう喜ばしいとは言えない内容は、書かない方がいい。
自分の胸の中にしまっておくのがいい。
つまるところ、学校のことも、個人的なことも含めて、色々あったんです。





答えなんて今になっても出てきませんよ、そりゃあ。
食い違いが起こらない方法なんて、まず存在しないと言って間違いないし、
そういう食い違い、誤解もまたコミュニケーションの醍醐味、といえば、それはそれです。
でも、そういうのは至って面倒臭いし、何の利益にもならない。
自分のためになる?
即時的に自分のためになるって言うんなら話は別です。
でも、そういう嫌な記憶というのは、すぐに忘れ去られてしまう。そういう脳の構造。
自分のためになるかも知れないが、それを確かめる術なんてどこにもないし、
確信がないのなら、結局は、不快感を覚えるだけ。
そんなコミュニケーション、僕は嫌いです。
人と接する以上は、よい感情をいつも持っていたい。
勿論嫌いな相手とか、そういうのも絶対います。
別にそれはそれとして、その相手とも最大限のよい感情を持って接したい。
ネガティブな僕の、ポジティブな部分です。




で、叶わないからこそ、さらにネガティブに落ち込む。




たまに不安定な状態になって、その度にテンションダウンですよ。
テンションだけじゃない、全てが下降します。
勿論、学校では、そういう素振りは出来る限り見せないようには心掛けている。
心配とかさせたくないし、大体心配してもらいたくない。
そりゃあ、誰かに構って欲しいと思うときもありますよ?
でも、そんな自分のワガママで相手の時間を奪ってしまうのは、気が引ける。


ええ、言ってみれば、僕は小心なのかも知れません。
分かっていますとも。昔からです。













心理学って単語で出てきた思いを並べただけの、面白くない文章。
別にこれといったきっかけがあって、書いた訳じゃありません。
比較的健康なうちに書いておこうと思ったんでしょうね。



banner3

スポンサーサイト
徒然 | 23:35:24 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
心理学か・・・面白そうwww
自分の心理を追究してみたいよwww
2007-03-14 水 21:45:28 | URL | ☆fumi♪ [編集]
石井 裕之さんの本は面白い!
面白い本を書いてる心理学者はすぐに覚えてしまうww
2007-03-15 木 07:57:26 | URL | やなせ [編集]
●☆fumi♪さん
絶対、例外に当てはまるからww

●やなせさん
面白いですよね!全部コンプリートしたいかも!www
2007-03-15 木 21:11:25 | URL | M.0.管理人・ケン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。