■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
電車
ええ、今日は美術館へ行って参りました。
知人の作品が、県の美術作品展に選ばれて、見に行ってきた訳です。

生憎と、そういう分野には精通していない私。
果たして何がどうなのか、よく分からないのですが、
それでも、まぁ、これはすごいな、とか、これは引きつけられるな、とか。
そういうのが沢山ありました。(これでも多分感受性は豊かなんだと思います)


どうも、ケンです。
いやぁ、機会があれば、油絵なんて面白そうだなって思うんですがね。
(風景画は描けると思います)



banner3


まぁ、絵の解説が出来ない以上、
このネタを扱うか否か、という懸案事項を抱えた僕な訳です。
美術展を出た後はマクドナルドで食事、そして帰ってきた、という一日の内容の中に、
これと言って取り上げるべきことも、そんなに多くないのです。


しかし、一つだけ話せることもありまして。
それだけ話しますね。





一緒に行くことになっていたメンバーの中に英検を受ける人がいまして、
従って全メンバー(8人ぐらい?)の集合時間は午後四時。
正直、時間はあまりなかった訳です。


まぁ、となれば、誰も集合時間に遅れてはならない。
遅れた時点で他人に迷惑を掛けること甚だし。


僕と僕の後輩は、英検を受けたメンバー二人を待っていたんです。
二人とも、とりあえず切符買って、あとはホームに走っていくだけだったんです。


ここで断っておきますが、僕が住んでいるのはかなりの田舎です。
ついでに、待ち合わせの駅は「普通」や「快速」の一部しか泊まらないような駅。
一本乗り過ごしたら、30分待ち、とか、そんな状況。







「遅いっすね」

後輩君が言う。電車が来るまで、あと3分。

これぐらいは想定の範囲内だった。
英検会場から駅まで、徒歩で10分前後。
で、英検終了時刻から電車の到着までは15分超ぐらい。
多分、会場出るまでゴタゴタすることもあろうから、結局はギリギリになる。

「まぁ、来るだろ」

僕は気軽にそういう風に返した。






だが、残り1分を切っても、二人は現れない。

「ちょ、どうします?二人が間に合わなかったら。俺らだけ乗ります?」

「うーん、困ったなぁ……」

置いていくのはあまりに薄情だ。でも、僕らが遅れるのもどうかとは思う。





迷っている、そんな時だった。

「あ、来ましたよ」

二人ともやたらとゆっくりなペースだ。





そんな時に、電車の到着を告げるベルが鳴った!






ケン「おい、急げよ!遅れるよ!」

え?って顔をする二人のうちの片方(A)。




ケン「もう電車が着いたベルが鳴ってるんだって!!」

片方「あ、ほんと。分かった」















歩きながら言うなよ。走れよ。



ケン「切符は!?買ってあるの!?」

Aは持っているという。

B「俺まだっ……」

まじかよ。







僕と後輩君はホームに走った。
ちょうど電車が停車していた。ギリギリだ。



















A、まだ歩いてるし。



Bが気付いてあたふたしてるのに、あなたは何故……。





ええ、まぁ、そんな感じです。中途半端な記事ですね。ハハハ。



banner3

スポンサーサイト


徒然 | 00:39:29 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
大変やったなーオマエもハハは
2007-01-29 月 01:37:38 | URL | ムーシャ [編集]
駅ではその1分がデカいんですよねw
僕も田舎駅なので良く分かるww

というか結局間に合ったんだろうか…
Bだけ置き去りっていう光景が目に浮かぶ
2007-01-29 月 18:16:39 | URL | オンディ [編集]
Aはしっかり走ってたよ!学校から駅までずっと小走りできたんだからww
そこまでのんびりしてないぞw
2007-01-29 月 20:55:43 | URL | ☆fumi♪ [編集]
お疲れさんですw
美術作品を見に行くなんて偉い・・・!!!

で、結局A君とB君はどうなったんですか!?
もしかして・・・置き去り!?
2007-01-30 火 00:23:03 | URL | 亜蘭 [編集]
●ムーシャさん
お前のコメントって、一風変わってるというか、読みにくいよww
主語と述語をつけてくださいww

●オンディさん
そうそう、乗り過ごしたら、ホントにヤバイっすよねww
色々自分のことを恨みたくなるww
結論から言うと、AもBも間に合いましたよww

●☆fumi♪さん
ホントに~?走ってきたの~?ww
疑わしいwww
……てか、このコメだと、君が当事者だと分かってしまうねww

●亜蘭さん
間に合いましたよww
ホームまでの階段は全力ダッシュでしたwww
2007-01-30 火 21:00:36 | URL | M.0.管理人・ケン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。