■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
一連の最近の問題を解析
先日予告していた通り、今回は一連の「自殺問題」について、私の見解を示します。

なにせ『命』が関わるデリケートな問題です。
かなり固い内容になります。
しかし、一部に過激な意見を含んでいるかも知れません。

それでも読んで頂けるという方のみ、追記に進んで下さい。



《告知》

①今日中に、1万HIT&1000コメント到達記念企画の要項を発表します。

②一つ前の記事で、担任「若」の本名が一部公開されてしまいました。
 この場を借りて、若と、若の本名を見てしまった皆さんにお詫び申し上げます。

③どうも、ケンです。



banner3



それでは、追記へどうぞ。






追記へようこそ。


かなりシリアスな記事になります。
多分ボケもツッコミも(つまりスベリも)ありません。


◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


では、自殺問題について。


全国で自殺やらイジメやらがブームになっております。
テレビのニュース番組では連日のように、やれ自殺、やれイジメ、と言っております。
まったくなんだって言うんでしょう。
自分を痛めつけて、何が楽しいというのでしょうか。
相手を痛めつけて、何が楽しいというのでしょうか。


こと最近だと、文部科学省に「自殺予告」を送り付けたりしてましたね。
あれは結局何だったんでしょう。




◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


私はしかし、自殺をすること、イジメをすること自体は否定しません。
自殺もイジメも、ある意味、現代社会においては、あって然るべきことです。
イジメはどんな場合にでも存在しますし、
自殺だって、精神的に病める現代社会においては、仕方ないのかもな、と思ってしまうのです。


勿論、イジメも自殺も、ない方がいいに決まっています。
そういう単語をニュースで聞く度に、うんざりしてしまう僕がいます。


あれは、もしかすると、聞き飽きただけかも知れませんが。


えぇ、
別に、イジメたいんならイジメてればいいし、自殺したいんなら自殺すりゃいいんです。
はっきり言って、そういうのを判断するのはその人自身な訳ですから、
6時間もぶっ通しで評論家や映画監督や芸能人が話し合いをする必要なんかないんです。




◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


ただ、イジメをする人、自殺する人に考えてもらいたいのは、
イジメor自殺をすることで、どれだけの人に迷惑を掛けるか、ということ。


イジメをされる方は、それだけでも迷惑千万だし、
それを相談することで、相談される方にも迷惑を掛けることになる。
イジメられ損ってところですね。

で、イジメが起きた共同体、すなわち学級であったり、会社の職場では、
その管理者が責任を問われたり、その共同体で事情を話し合わなければならなかったり。
そんなことに時間と心を割いたりして、誰が喜びますか?
頭を下げることで、誰が得をするんですか?

何より損をするのは、イジメをする人ですね。
結局、何だかんだ言っても、イジメをすることは悪いことなんですよね。
最終的には、自分で自分の非を認めざるを得ない。
自分自身を辱めているような気がしないですか?
(ちなみに、私にはそういう経験があります。長くは語りませんが)




◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


イジメ以上に、自殺は面倒なものです。
自殺することで、あなたは何人を悲しませるでしょうか?


「娘を腕の中に返して下さいよ」
自殺少女の親は、どれだけその言葉を叫んでいましたでしょうか。
クラスメートの何人が、涙声でリポーターのインタビューに答えていたでしょうか。


「イジメた奴らを見返してやりたい」
たしか自殺予告文書にはそんなことが書かれてましたね。
別に、その意気の高さは素晴らしいと思いますよ?
でも、だからといって、自殺するんですか?
自殺を阻止しようとして、果たしてどれくらいの人が真夜中も見回りをしていたことでしょう。
そういう人達は、あなたに死んでもらいたくないから、そういうことをしたんでしょ?
どれだけの迷惑を掛けるつもりですか??


自殺することで失うものは沢山ありますが、一番大きいものは、時間・将来でしょう。
「死んでも再生する」、「多分ゾンビパウダーだ」、
なんて、夢見るのもいい加減にしろ的な小中学生がおりますが、
ああいう人だって、将来を生きる権利を持っている。
今苦しくても、じゃあ、10年後も変わらないかと言えば、さぁ、それは誰にも分かりません。
色んな可能性、希望、その他諸々の光を捨てて、今の苦しさに屈服すること。
それが自殺すると言うことですね。


希望や可能性を捨てるられるほどの苦しさがあって、
今の苦しさに屈服する辱めにも勝る苦しさがあって、
色んな人に迷惑を掛けてもなお、収まらないような苦しさがあるなら、自殺すればいい。


どうぞ、ご勝手に。




◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


最後に、イジメをする人々。
まぁ、理由は多種多様でしょうよ。


でも、よくよく考えてみれば分かることで、最終的には自分に返ってくるんですよね。
今、自分が相手を殴ることは、つまり、自分を殴っているのと同じ訳で。
自殺するほどの苦しみを与えると、相手が自殺したあと、自分の責任になって、
ついでに、周囲の人々にも迷惑を掛けまくって、
結局罪には問われなくても、事実が自分を殺す訳ですね。
一生付きまとわれるのは言うまでもない。


まぁ、「僕は心に影のある人間になりたい」なんて言う人は、結構ですが。
まぁ、そういう人は、アホなだけだから、相手にもしないでいいし。


そういう自分の苦しみを誰かに相談したって、誰も癒してなんかくれません。
だって、それは自分の責任。迂闊だった自分をせいぜい呪っていて下さい。




◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


結局、誰だって自分の得になることをしたい訳ですよね?
じゃあ、イジメることもイジメられることも、自殺することも止めればいいじゃん?


「イジメられる方にも責任がある」
小学生どもが語ります。
アホじゃないの?
相手が変な奴だからって、イジメていいのかって話で。
お前は、障害者はイジメないのに、ちょっと特徴的な奴はイジメるのかい?
それとも、障害者もろともイジメてるのってのかい?


誰だってつながり合いながら、表面上だけであろうと、建前であろうと、
社会で生活している訳で。
そういう人達に迷惑掛けちゃいけない訳で。


サディスティックな得を得たい人は、どうぞ、SMクラブなんぞへ。
マゾスティックな得を得たい人は、どうぞ、SMクラブなんぞへ。


まぁ、周囲にイジメてる人がいるからって、いちいち干渉してやる必要はないでしょう。
そいつは単なるアホか、将来を見る目がないか、サドです。
もうそんな奴に構ってる暇があるんだったら、仲のいい友達と連れだって、遊んでいましょう。
で、誰もいない部屋でいじめられていた子を見かけたら、軽く声を掛けてあげましょう。
それだけでいいんじゃないですか?











とまぁ、こんなもんでしょうか?
皆さんの声をお聞かせ下さい。
一部に過激な表現を含んだことをお詫び申し上げます。



banner3
スポンサーサイト
徒然 | 15:17:37 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
自殺ってかなりの勇気が必要だと思う。
自殺する勇気があるんだったら、生きてみたらどうだろう。

仕返しってやつも、必要なんじゃないだろうか。
いくら陰湿だっていい。
どれだけイジメられることで傷ついたかを、わからせてあげたほうがいい。
それが「靴の中に画鋲をいれる」でも「上履きを隠す」でも、極端に「相手を傷つける」でも。
ただ、殺されてないんだから殺さないほうがいい。
倍返しなんかしないほうが、身のためだと思う。
んー、ちょっと多目の仕返しが、もしかしたらいいのかもしれない。

丈太朗君は、個人的な意見も聞いてくれそうだな☆
2006-11-12 日 17:01:17 | URL | Hikaru! [編集]
●Hikaru!さん
最初の二文には痺れたね~!
いやぁ~、返す言葉もないぐらい、いいね!ww

仕返しってのは、僕としては半分賛成、半分反対。
イエスキリストでもない限り、殴られっぱなしってのは無理だよ。
それこそ自殺しちゃう。
それに、仕返ししちゃえば、ある程度事態は収束するだろうしね。
だから、仕返しして……ってのには賛成。

でも、実際問題として、それだとやっぱり連鎖が起きちゃう。
誰かが傷ついて、誰かに迷惑が掛かる。
なんだか、それはそれでガキの喧嘩っぽくなっちゃう気もするんだよね。

いや、でもいいアイデアだ。
但し、丈太郎という二つ名は、チャットの時だけにしてくれwww
2006-11-12 日 18:02:43 | URL | M.0.管理人・ケン [編集]
誰であろうと議論すること自体は良いことだと思う。
イラっとくることはありますけどw

たまに『あー自殺したら楽かも知れんな』とか突発的に思うことあったりするんですが、普通それで自殺なんてしないですよね。もったいないし、色々迷惑かけるし。
でもイジメられてる状態でネガティブな周期が来たら『もうどうでもいっか』みたいに考えてしまうのかも。とも
イジメなんて誰にでも起り得るんだから(可能性として)、自殺なんて選択肢を選ばず登校拒否でも何でもしたら良かったと思う。
まぁその言葉に重みはあまり無いですが
2006-11-13 月 18:33:16 | URL | オンディ [編集]
●オンディさん
そうですね、話し合うこと自体は結構なんです。
ただその時に、評論家だとかなんとかの肩書きの元で話し合いをしてるでしょ?
あれが許せないんですよww

自殺って言うのは、何にせよ最終手段です。
というか、本来は使われるはずがない最終手段です。
オンディさんが言う通り、逃げ道は幾らでもあるんですから。
別に、全てに対抗する必要もないですからね。
怖けりゃ逃げていいんですから。
2006-11-13 月 21:05:21 | URL | M.0.管理人・ケン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。