■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
昨日
どうも、ケンです。
えー、この記事、ホントは昨日書く予定だったんですが、
どうにも文章が纏まらず、今日に持ち越してしまいました。


少々シリアスな話になります。
あまりお好みにならない方もいらっしゃるかとは思いますが、
こういう文章をたまには書かないと、自分らしさが欠けてしまう気がする所存です。


『そんな記事には興味がない』という方はウィンドウを閉じて頂いても結構です。
その前に、こちらのバナーをクリックしてもらえれば、なお嬉しく思います。



banner3


それでは、追記へどうぞ。


9.11
言わずと知れた『アメリカ同時多発テロ』の日。
昨日で、発生から5年という月日が経ったことになります。



・アメリカン航空  11便
・ユナイテッド航空 175便
・アメリカン航空  77便
・ユナイテッド航空 93便



以上4機がハイジャックされ、世界貿易センター、アメリカ国防総省等をテロ攻撃しました。




ハイジャックされた旅客機の乗員乗客は全て亡くなられました。

また、世界貿易センター北・南棟、及びその周辺ビルでの人的被害は約2750人。
アメリカ国防総省においては、約190名。
(警察官・消防士などを含む)








アメリカ国内が、反テロ・報復派の風潮に占められ、同時に犠牲者に対する哀悼を捧げた。
また、事件現場にて、徹夜で捜索活動を続ける作業員に多くの賞賛が集まった。








そして、イラク戦争が始まる。
「悪の枢軸」への先制攻撃を防衛と位置づけた戦争。













概況はこんなところだろうか。












このテロを機に、人々の中でどういう変化があったのだろうか。
テロ主犯に対する憎しみを持ち、犠牲者を哀れむ。
それだけだろうか。















それだけでよかったのだろうか?














「同じような惨禍を繰り返してはならない」
そういう風に思った人もいるだろうし、多くの人がそう思うべきだったのではないか?














では、イラク戦争は何故始められた?














イラク戦争によって、何が得られた?













イラクの民主化?核兵器がないことの確認?













では、イラクで亡くなった国民はなんなのか?












私達は、間違っていたのではないか?
確かに、イラクに潜伏していたであろう主犯格を検挙するためには、必要だったのかも知れない。






だが、それにしては、多くの人が死にすぎている。












アメリカ国民が悲しみ、テロ犯を憎んだように、
イラク国民はアメリカを憎むのではないだろうか?












「悲しみの連鎖」が起こっているのではないだろうか?













これで、果たして、誰が幸せになれる?
誰が安全に暮らせる?











私達は、色々なことを考え直さないといけないのではないだろうか?















本当の平和、本当の幸せ、そういう色んなこと。














どうすれば、それを手にすることが出来るのか。










戦争によって、それが獲得できるのか。










何によって、それが獲得できるのか。













グラウンドゼロの霊が、安らかに眠れるようになる日は遠い。















とっつきにくい文章になったことをお詫びします。



banner3
スポンサーサイト
徒然 | 12:54:11 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ケンの言ってることは正しいと思う。
憎しみは憎しみを生む。
ほんとにアメリカでもイラクでも無実の国民がたくさん亡くなったよね。頭のおかしい少数の変な人間のせいで。
2006-09-12 火 18:13:40 | URL | ☆fumi♪ [編集]
●☆fumi♪さん
『頭のおかしい』は少々言い過ぎか、と。
あくまで、その人たちだって自分なりの理念なり、良識なりを以て行動したんだから。
そういう人達を否定はしないけど、間違いがあったことを認めようともせず、未だに無駄な闘争を続けている点を僕は否定します。
2006-09-12 火 19:11:46 | URL | M.0.管理人・ケン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。