■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タッチ
家の物置からボイスレコーダー発見。
これで作曲が出来る環境が整った。
あとは、自分次第。

自分の才能次第







強調しなくても、自分の凡庸さは熟知しているよ♪
『ちょっと、ちょっとちょっと』のタッチ並の凡庸さだとも、うん。



どうも、ケンです。
タッチの御二方の偉大なる勇気に激しくリスペクト。





で、今日は本屋に行って来ました。
最近、ブログに頻発の本屋。
無理矢理『ちょっと…(略)』を繰り出すタッチを思い出す。




自転車で行ってきた訳なんですが、今日はいつもとは違う道を通って行ってきたんですよ。


あのー、内輪ネタですけど、キャベツがある路線を行ったんだよ。
で、キャベツ路線から運動公園に行かない方の道を通る訳だよ。


通常は大村行きのスクバが通るところから裏道に入って……って感じなんだけど。




まぁ、そっちの道の方が勾配が緩やかだから、よかったんだよ。
自転車も軽やかに進んでいってくれる。








そして、それは途中、横断歩道を渡ろうとした時でした。

ママチャリに乗るおじさん(推定40代)出現。

そういえば、タッチに似てたな。





いや、大した出現じゃないんだけどさ。





どうやら、同じような方向に進んでいくみたいで。
おじさんの後を走っていた僕ですが、そのゆっくりさに痺れを切らして、追い抜く。




その瞬間でした。















「ぐぉ~~」








唸り声を上げるおじさん(推定40代)










そして、かなりの勢いでペダルを漕ぎ出す。












抜き返す瞬間に、

爽やかな笑顔を脂ぎった顔に貼り付けるおじさん(推定40代)












「い、いや、知り合いじゃないんですけど……」
そんなこと言うだけの猶予はありませんでした。


激しいペダリングを続けるおじさん。
みるみる小さくなっていく背中。









そして、
明らかに疲れて果てたおじさん(推定40代)

もう既にペダル漕げなくなってるし。
もはや惰性だけで自転車が動いている状況。








おじさんの脂ぎった額からは汗が滴り落ちていた。
自転車は坂道にさしかかっていた。
あくまで無視を突き通し、再びおじさんの横を通り過ぎる。
何となく面倒だったので、スピードを上げて、坂を一気に駆け上がる。








明らかにこっちを見ている気配……。







「いいや、きっと気のせいだ」
自分に言い聞かせながら、振り返ってみる。すると……。


















「ぐぉ~~」
















再び唸り声を上げるおじさん(推定40代)















そして、スパート(坂道ver.)












そりゃあもう、このおじさん倒れちゃうんじゃない?って程に自転車を激しく漕ぐ。



漕いで



漕いで



漕いで











激しく疲れる











でも残念ながら、僕を追い抜くことは出来ない。
既にスタミナは底をついているらしい。












「ちょ、ちょっと……卑怯だぞ」



俺が何をしたっていうんだよ。










「た、頼むから……と、止まれよ」


どうして見ず知らずの人のために止まらなきゃいけないんだよ。

てか、『頼む』とか言ってて、『止まれ』と命令形だし。








横断歩道登場。

軽やかに横断歩道を渡る僕と、赤になってしまって渡れなかったおじさん。












あまりに気になったので、振り返ってみたんです。
















「クソォ!!」



行き所のない怒りを吐き出すおじさん(推定40代)
必死だなぁ、おじさん

そんな必死さに、ちょっと、ちょっとちょっと。




banner3


※今回のはネタじゃありません。実話です。あくまで実話です。
スポンサーサイト


徒然 | 23:41:17 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
そのオッチャンやヴぁ。
何が目的でチャリレースをしたかったのだろうか。
そのオッチャンが電動チャリなら勝ってたかもしれないな(笑)
2006-08-29 火 10:25:34 | URL | 武者小路 [編集]
●武者小路さん
いやぁ、あのおじさん、リミット突破だったね。
今度会ったら、電動チャリのカタログを渡すことにするよ。
2006-08-29 火 15:58:24 | URL | M.0.管理人・ケン [編集]
40に見えてほんとは10台の若い人だったとかwww
まだ若者には負けんぞ!!www
2006-08-29 火 20:07:13 | URL | ☆fumi♪ [編集]
●☆fumi♪さん
10代だったら、そりゃあ、大変な運動不足だね。
坂道上がるだけで息ぜぇぜぇなんだから笑
2006-08-29 火 20:14:47 | URL | M.0.管理人・ケン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。