■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2007年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
めーがーねー。
春休み期間中の、お昼の時分。

母親「今日のお昼ご飯、どうする?」

ケン「うーん、なんでもいい」

母親「どうしようかなぁ」

ケン「朝御飯が遅かったから、軽いものでいいよ」

母親「そうね……


















じゃあ、カツ丼でいいか




人の話聞いてますか!?



それとも、カツ丼は軽めのメニューだと言いたいのでしょうか。

毎日こんな感じの会話が繰り返されています。
母よ、僕はもう疲れたよ。
どうも、ケンです。



banner3


前述の母親の話とはまったく関係ない話なのですが、
先日新しいメガネを作ってきまして、今日はその話。


ほら、眼鏡屋さんに言ったことがある人は分かると思いますが、
視力検査の時に掛ける黒いメガネみたいなのがあるじゃないですか。
あれに少しずつ度の入ったレンズを差し込んでいって、レンズを選んでいく奴です。


あれを駆使して、今回も視力を計ってきました。
案の定悪くなっていた。


で、レンズ合わせがおわったら、赤と緑の光の中に黒い円が描いてあって、
どっちがはっきり見えますか??的な奴があるじゃないですか。
(目がいい人にはあんまり分からない内容ですね。悪しからず)
あれが、確か乱視の測定なんですよね。
あの時、事件が起きました。






視力検査の手順はこんな感じで進みました。

「 右目視力→左目視力→左目乱視→右目乱視 」

で、右目の視力を計った時点で、右目のレンズをもう外していたんですよね
左目の視力検査で使うから、って。



で、左目の乱視測定が終了。



店の人「はい、じゃあ、左目を閉じて下さい」

ケ ン「はい」

店の人「えっと、左目の時と同じように、赤と緑、どっちの黒い円がはっきり見えますか?」

ケ ン「あ、あの……」

店の人「はい?どうしました?」
















ケン「どっちも見えませんけど?」


そりゃそうだ。レンズ入ってないもん。裸眼じゃ見えないもん。

















店の人「あれ?視力検査間違ったかな?」






何よりあなたの反応が間違ってますよー。

気付いて下さいねー!




気付くのに二分以上掛かりました。





まぁ、なんにせよメガネ完成して、昨日取りに行きました。

母親が買い物に出掛けていたので、自転車漕いで取りに行きました。

これがそもそもの間違いだった。








眼鏡屋に着くと、「ああ、届いてますよ」と綺麗なお姉さん(?)が言う。
で、色々と説明及び諸注意を受ける。
まぁ、メガネ歴が長いですから、適当に聞き流す。


そして、



店の女の人「はい、それではもう結構です。ご利用ありがとうございました」

ケ   ン「ありがとうございまいた」





僕は店を出る。
……後ろからさっきのお姉さんが付いてくる。もう一人の従業員も付いてくる。


お見送りのようだ。


僕は悟った。ヤバイ、と。

















だって、自転車だし。


足早に僕は自転車に向かった、鍵を外す、そして急いで発進。


















さっきの人達、お店の外までお見送りだよ


















見送る相手は自転車だよ!?


車ならもうちょっと格好が付くのに。






自転車に乗った僕は、苦笑を浮かべたまま、深々と礼をする店員さん達に会釈。

店員さん、僕を見て苦笑い。

そりゃそうだ、なんなんだ、このシチュエーション。

国道に面してるお店なんで、道行く車の中からの視線が痛い。

僕はペダルを漕ぐペースを上げる。


















信号に引っ掛かる。


いやーな予感がして、後ろを振り返る。

















店員さん達、まだいるよ!!


まだお見送りするつもりですか!?

恥ずかしいから、僕を一人にして下さい、お願いします。



banner3


開店直後と言うこともあって、マニュアルがまだ未完成なんでしょうか?
てか、あのお店、天然ボケの人ばかり……?

スポンサーサイト
徒然 | 13:56:04 | Trackback(0) | Comments(15)
バンドマン
えーー、










やっぱり、生音っていいね!

あー、興奮が収まらない。
勢いだけで記事書いてます、ケンです。



banner3


今日はバンドの練習をやってきました。
全開が結構ひどかっただけあって、今回は成功と言えると思います。
成功すりゃあ、誰だってそりゃあ、嬉しいでしょ!?
ボーカルとして、さぞかしモテる(一つ前の記事参照)美声を駆使した甲斐がありました。


曲は、今日は「Missing」(ELLEGARDEN)という歌をやりました。
歌手は、まぁ、比較的マイナーと言えばマイナーでしょうか?
かなり盛り上がる歌でして。
結構なロックテイストの曲ですんで、声量をかなり使う。
お陰で、今ではかなり腹筋が痛い。
この痛みが、結構気持ちよかったりする訳なんですが。


他にも色々やる予定であります。
今日は元々、ウルフルズ「バンザイ~好きでよかった~」も予定してたんですけど出来なかった。
次回に延期。
他にも、ELLEGARDENで数曲。バンプの「天体観測」もやるかも。
他にも、Mr.Children等もやろうかという話を今やってます。



「誰のこの曲は盛り上がれるからいいよ!」
「この歌はみんな知ってて、ノリノリだからいいよ!」
など、皆さんのお薦めソングを教えて頂けたら、なんて思います。



あーー、気持ちがいい疲労感ですわ。
疲れたんで、そろそろ。

徒然 | 20:52:27 | Trackback(1) | Comments(5)
おかしなこと
この世界には、おかしなことが沢山ある。
いい意味でおかしなこと。その逆もある。


例えば、癌やなんかで、余命宣告を受けた人が、その期限を越えて生きているということ。
とっても素晴らしい。
本当に素晴らしい、おかしなこと。
科学の力、医学の力を超えたところに存在する、おかしなこと。



どうも、ケンです。
なんだか感動的な文章ですね。このブログにはおかしな展開ですよね。



banner3


おかしなことーー。

一つ前の記事で「ボイスブログを更新したよー」とお知らせしました。
何人の方が聞いて下さったかは知りませんが、まぁ、自己満足ですよね。



でも、おかしなことがありましたよ。













亜蘭さんのコメント:

「いい声ですね。

さぞかしモテるんじゃないですか?」





















その発言、とってもおかしい(笑)


笑っちゃいますね。
亜蘭さんには、何かプレゼントを贈りたいぐらいだ。感動。ありがとうね。







おかしいことーー。



昨日ちょっと遊びに行ってきまして、その帰りの話です。
帰りは電車。ローカルなので、数十分に一本ぐらいしか電車が来ません。
てことで、駅舎で待ちぼうけ。



隣に、おばさんが座りました。子供連れ。
子供はジュースを飲んでますね。おばさんの方は、ケータイいじってます。
しばらくして、ケータイをしまったおばさん。
子供とお喋り。仲睦まじい姿。



僕もジュースを飲みながら読書に浸ります。
活字の世界はやはり面白い。引き込まれていく。





そんな時、音がしました。

















「電話が鳴っております。
 電話が鳴っております。
 電話が鳴っております」



















えっと……着信音1でもない!?



というか、電話が鳴っているっていうのは、
例えば、着信音1なら「リリリリリリリリリン」って奴をいうのであって、
或いは、着メロなり着うたなりが鳴ることを「電話が鳴っている」というのであって、







「電話が鳴っております」という着メロは、
もはや、着メロとは呼べないのでは?



と少しばかり考えさせられてしまいます。
言うなれば、呼んでいる、か、アナウンス、とでも呼ぶのでしょうか?


世の中、色々おかしい。








今日地震がありましたね。
石川県あたりの皆さん、大丈夫でしょうか?


地震速報が流れていました。
テレビから聞こえてくるあの音って、やたら気を引きますよね。





《地震速報》

午前~~時、~~で地震がありました。

津波のおそれがありますので、警戒して下さい。


(以降、市の名前がいくつか挙げられる。そんな中……)








飛騨市



はい、皆さんちょっと考えてみて下さいね。
中学校レベルの常識ですよね。




日本アルプス=飛騨山脈、木曽山脈、赤石山脈



「アルプス」というぐらいですから、相当高い山々な訳ですね。
さぁ、考えてみましょうね~。









津波にご注意下さい……飛騨市……

















どんだけでかい津波が来るんですかっ!?

世の中、絶対おかしい。



banner3



徒然 | 20:38:03 | Trackback(0) | Comments(13)
ボイスブログ
ボイスブログ、更新しましたー。
URLはこちら→Voice to...-Museum Zero-

徒然 | 11:28:11 | Trackback(0) | Comments(2)
都知事
僕は東京都民ではないので直接的には関係ないのですが、
東京都の都知事選に、あのドクター中松が出馬するらしいですね。
今日テレビを見ていたら、どこの誰かも知らないおやじが演説読んでましたよ。
政権公約だかなんだか分からないですけど、唾を飛ばしながら、読んでいました。
その内容。

















「北朝鮮が撃ってきたテポドンを、
 そのまま北朝鮮にお返しする。
 そういう発明こそが、
 現在の東京に必要なのです」















東京都には絶対に要らないと思う。




むしろ、国単位のプロジェクトだろ。


ああ、まぁ、その辺は隠喩(メタファー)ですか?
例え話って言うのは大切ですからね。


























それとも、
本気でそういうのを発明しますか?


ドクター中松ならやりかねないところがある。


















てか、そういう対策は、内閣でやりましょう。

都知事の分際で何を言っているんだい?




そして、何より気になったことがある。























何故に「ドクター」?



とりあえず、疑惑だらけの人なので、僕は投票しないと思う。
どうも、ケンです。



banner3


今日は告知のみ。
とりあえず、ラジオ二回目やります。
収録終わって、後は編集やるのみ。
日付変わる頃にUPできたらいいななんて思ってますが、多分明日になるでしょう(?)
そういうことで、お楽しみに。
リンク先→Voice to...-Museum Zero-

徒然 | 21:21:14 | Trackback(0) | Comments(5)
ピンクシャツと、メガネ。
今日は街へ買い物に。



同行者は4人。

僕はメガネのフレームを選びに。同行者の一人は研修旅行の準備。
他二人は気が向いたら買う的なポジション。

ほとんどずっと歩き続けた、運動不足な僕には体力的に厳しい一日でした。
こうやって記事を書いている僕ですが、かなり眠い。
一日の最後の方に立ち寄った本屋ではぐれて、相当時間探し回ったりしましたから。
(↑半分皮肉です)





今日の朝のことです。
準備をしていた時、腹が痛くなった。トイレへ駆け込む。


その時、僕はピンクのシャツを着ていました。
結構好きなんです、ピンク。
で、そういう訳でピンクを着ていたんですね。


さて、事が済んで、トイレットペーパーに手を伸ばす。
すると……



















俺のシャツの色、

トイレットペーパーと同じ色じゃん。

なんだか、家を出るのが気恥ずかしくなりました。
どうも、ピンク・ケンです。



banner3


まず、上でも書きました通り、近い内にメガネを買い直す予定です。
現在使っているメガネは、元々は家用にする予定だった代物。
(その頃はコンタクトを毎日使ってたんですね)
従って、はじめから度数は抑え気味にしていましたし、
フレームだって、とりあえず安いのを、とかなり適当な選択でした。


二年も使っていると、色々と面倒なことも多くなってくる。


まずレンズ。
球面のどうのとか、そういう詳しいところは説明を割愛させて頂きますが、
傷が付きにくいレンズというものがあるんですが、
「家で付けておくものだし、そういうのはいらないよね」と、
まったくノーマルなレンズを購入していました。


僕の目の悪さというのは筋金入りでして、
その話については一度どこかの記事でも書いたのですが、
僕が座っている席から、パソコンの画面を見てみますと、
僕が打っている文字が、僅かに、黒い汚れが付いているぐらいにしか見えない。
下手すると、ここに文字があったんだ……と気付かないこともあるぐらい。
視力検査やってないんで実数は分からないんですが、そんなもの。


従って、どういう作業を行うにしてもメガネが必要。いつでも付けっぱなし。
体育の授業中はメガネがないとボールが見えません。
(野球ボールも、バスケやサッカーボールも)
ついでに、A型の癖に面倒臭がりですから、眼鏡が汚れてもあまり気にしない。
あまりに酷くなっても、レンズ拭きを持っていなくて、
ネクタイの生地で拭いてみたり。洋服で拭いてみたり。
(レンズが可哀相です)













まぁ、自ずとレンズには大量の傷が入ってしまっています。

どのぐらいか、というと……



















眼鏡屋でレンズを磨いてもらっても、
視野にかなりの曇りが残ってしまう


位な訳です。
メガネのプロですら、僕には及ばない訳です。(アホな過信)






次に、フレーム全般。

ある雨の日のことでした。
僕は傘を持っていなくて、かなり全力疾走で家まで帰っていました。
顔が雨で濡れていて、全身のアップダウンに合わせて、メガネも上下していました。


ここからは記憶が曖昧なんですが、確か突風が吹くか何かしたんですね。
もろに風を受けた僕とメガネ。








耳に掛けていた部分が、滑り落ちる感触。
顔から落ちていくメガネ。





















黄土色をした水溜まりにダイブ


なんてポジションにあるんだよ、水溜まり~。
で、被害は……。
















メガネの鼻に引っかかる部分が、
完全に真っ黄色



しばらくの間、友人に「お前のメガネ、汚い」と言われ続けました。
友人は別に、僕のメガネを付けてみた訳ではありません。
端から見て、鼻のあたりを見て「汚い」と。


まぁ、今こそ「だいぶ」目立ちませんが。(←ダジャレ)




そんな訳で、メガネ買い直しです。
どうやらレンズは細めの横長、フレームは釣らない感じがいいみたいです。
買ったら写真でも撮ってUPしますか。
お楽しみに。



banner3


弟と同時期にメガネを買うことに決まったんですが、弟は先に購入してしまいました。
親曰く、
「一緒に買ったら二人分、別々に買ったら、弟の分で割引が利く」と。
せこいやつ。

徒然 | 23:47:39 | Trackback(0) | Comments(7)
バトンなど
ほら、指の骨とか、首の骨とかをボキボキって鳴らす人いるじゃないですか?
僕も手持ち無沙汰になったりすると、指の骨を鳴らしたりしますし、
肩から首のあたりが凝ったら首の骨を鳴らします。
ちょっと前から腰をゴリゴリっと鳴らすことも出来るようになりました。
ストレッチしてるみたいで気持ちいいんですよね。


で、まぁ、そういう風に骨をボキッと鳴らすことは、そんなに珍しいことではありませんね。


ですが、僕は絶対珍しい人間であると断言できます!!
なぜなら……。

















最近足の付け根の骨と、
足の親指を鳴らせるようになったから。



正直、自分の体が不安です。
どうも、ケンです。



banner3


今日はホワイトデーと言うことで。
ホワイトデーが日本で発祥した文化であり、欧米では見られない文化であることは周知でしょうが、
実は韓国にホワイトデーがあるということは、wikipediaを調べるまで、僕も知りませんでした。


まぁ、曲がりなりにも、義理チョコをいただいた僕はその分のお返しをどうするか、と
世の男性がホワイトデーの数日前ぐらいから頭を抱え始める悩みにぶち当たっておりました。
家の近くにおいしいお菓子屋があって、
そこでホワイトデーキャンペーンみたいなのをやっていましたので、
何とか3月13日までに用意が出来ましたが、
もしそういうケンに優しいお店がなかったら、と考えると、
今頃僕の命は、東京湾に沈んでしまっているかも知れないと恐怖におののいてしまいます。




















どんだけ凶暴な女性だよ


大体、僕が住んでいるのは長崎です。
わざわざ東京湾に捨てる道理はありません。
そうですねぇ、捨てるとしたら、


















東京湾より、大村湾。諫早湾。
或いは、橘湾。有明海。



何とマイナーなこと。
世界初の海上空港が浮かぶ大村湾に、干拓問題で一躍名を挙げた諫早湾。
同じく、干拓問題で被害を受けている有明海。
釣りの漁場として密かな人気を誇る橘湾。


















橘湾だけ、格下じゃね?

まぁ、どうでもいいけど。



近い内にホワイトデーのお返しを挙げた人達から、
「きゃー!ケン君!!」というリアクションが帰ってくることは目に見えております。(殴







さて、バトンと行きます、今日は。
音楽バトンです。結構前に貰ってたんですが、誰からだったっけなぁ?
ごめんなさい、覚えてないです。

適当に貰っていって下さいね!
で、トラックバックでも飛ばして頂ければ、遊びに行きますよ!










続きを読む >>
徒然 | 22:53:38 | Trackback(0) | Comments(16)
心理
コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する
石井 裕之 (2006/05/02)
光文社

この商品の詳細を見る



最近教室で読んでいます。
面白いなぁと思ったところとか、実用出来るかも、と思ったページに付箋を貼っています。
さらに、そのページの重要キーワードにチェックを入れたりしています。
そうやって、休み時間のいくらかを過ごしています。

















行き交うクラスメートに、
変な目で見られること数多。



どうも、ケンです。
いいじゃん、心理学。いいじゃん、催眠術。



banner3


さて、ここから先は自分の書き殴り内容。
読みたい人だけ読めばいい。











続きを読む >>
徒然 | 23:35:24 | Trackback(0) | Comments(3)
インフルエンザ
どうもケンです。



ええ、弟がインフルエンザにかかりまして、僕にも疑わしき症状が……。
なんてこった。





バレンタインデーのお返し、買いに行けなかったんですけど。
なんてこった。




宿題まったくやってないんですけど。
なんてこった。




てか、寒気がするんですけど。
なんてこった。



























ストーブの灯油が切れたんですけど!

なんてこった。



インフルエンザの疑いのある体で、灯油を汲みに行きましたよ。
幾つもの山を越え谷を越え玄関先まで。





















灯油、残ってないんですけど!!

なんてこった。



なんなんですか。自分の部屋すら、温めることは許されないのですか?
僕はこれでも病人ですよ?ダメなんですか??
お薬は貰えても、灯油は貰えないのですか?




インフルエンザは治ったのに、寒さのために凍死


なんてシャレになりませんよ。
これ、言ってみれば……




















全裸になってまで笑いを取った江頭2:50が、警察に逮捕される


みたいなものでしょ?




あるいは、

















江頭2:50をCMキャラに使用した車会社が、
自ずと自滅の方向に進んでいく(予定)



という奴でしょ?これ、実話だよ?(予定だけど)









話を元に戻しまして。

何なんでしょう、母親のこの対応。

「そんなに暇なら部屋の掃除しなさい」
「あー、そこどいて、掃除してるんだから」
「洗濯物取り込んでよ!!」
「ほらこれ、部屋に持って行きなさい!」

何なんですか。僕は病人ですよ。
これじゃあ、掃除に取り憑かれた人みたいじゃないですか。
この調子なら、布団なんか叩き出したりして。バンバンバンバン叩いたりして。


















引っ越しおばさんか!?


そういえば、あのゴリラ顔はどこに行ったんだろう。
裁判中?それとも飼育中




ええ、まぁ、こんな対応ですよ。どうなんだよ、と。
何?これが世間で問題の、家庭崩壊ですか?
もはや崩壊しているのは、弟と母親だけじゃないのですか?


















まぁ、午後から病院に行ったら、インフルエンザじゃないって分かったんですがね。



banner3

一番壊れているのは、僕だったってオチですね。
なんてこった。

徒然 | 19:39:54 | Trackback(0) | Comments(10)
本当のバカは誰だ!!
数学Ⅰ・Aを選択した解答用紙に、数学Ⅰのテストを解いてしまった奴、























ドンマ~イ(嫌み風)


どうも、ケンです。
進研マーク模試、数学が今日ありました。



banner3


ほら、
テストが終わって友達と談義してる時に、正しい答えが分かった時って、
なんだか損した気分じゃないですか。
なんでこのタイミングで分かるんだ、どうしてテスト中じゃないんだ。
やたらと自責の念に駆られてしまいますよね?























選択してない問題解いてること、
どうしてもっと早く気付かなかったんだぁぁ!!



(ちなみに僕じゃありませんからね)
テスト終了後に気付くなんて、あまりにも可哀相すぎです。


テストの解答用紙って、大抵列の最後尾の生徒が回収するじゃないですか。
で、その解答用紙の間違いも、最後列の生徒が見つけたんですが……。






最後列の生徒 「問題、違うくない?」

間違った生徒 「えっ?……うっわぁぁぁぁ……」

最後列の生徒 「あーあ、やっちゃったな」





















若「バーカ」
















言うだろうと思ったよ



それから、しばらく若がグチグチ言ってますが、さらりと流しまして。
若がどうのこうの言っている時に、同じ列の生徒がぽつりと言いました。






同じ列の生徒 「あぁぁ、0点決定やな。可哀相に」

最後列の生徒 「この列にもう一人いたよ、誰だったっけなぁ」

同じ列の生徒 「おいおい、このクラス大丈夫かぁ!?」





クラスの将来を憂う彼。何となく同調できる。

最後列の生徒が、不意に視線を問題用紙に落とす。
どうやら、どこかの問題の答えを聞きたいらしい。




最後列の生徒 「あれ、これの答えは?」

同じ列の生徒 「あ……ここって範囲だっけ?」





























最後列の生徒
「問題、間違えてたもう一人って、お前じゃん」


























お前が一番大丈夫かぁ~!?


テスト終了後に、問題を間違っていたことに気付く奴と、
テストが終了してからも、問題間違っていたことに気付かない奴。


うちのクラス、本当に大丈夫か……?



banner3


P.S.
帰りに生徒会室に立ち寄って、ちょっとお喋りしてきたんですが、
会話中で、うちのクラス担任の名前が「若」で定着していました。
本名ではなく、「若」。
僕のブログも、捨てたもんじゃないんですね。

徒然 | 22:36:23 | Trackback(0) | Comments(5)
若伝説
さてさて、昨夜、一生懸命ボイスブログの録音をしていたんですが、
なんなんですかねぇ、どうにも上手に纏まらないんですよね。


いくつかボイスブログを回ったんですが、大体5~6分ぐらいが相場。
編集などでBGMの容量と合わせると、喋りはそのぐらいに抑えないと、
UPできる容量をオーバーしちゃうんですね。


で、まぁ、原稿をちょこっと書いて、話す内容を考えてからマイクに向かう訳なんですが、
原稿通りに読むと、読み上げるだけの声になっちゃって、
それじゃあ、文字の記事でも十分事足りますからね、
ちょっとは自分らしく、そのままの声で読みたい。


と、そんなことを考えながらやってると、内容がどんどん原稿から離れていくこと。
原稿には一切書いていないような事まで喋ってる。


おいおい、その饒舌な人間は誰だい?

あっ……

















自分自身の中に、新たな人格を見出した一瞬。




まぁ、そんな訳で、結局、録音上手くいきませんでした。
深夜まで起きていた俺は何だって言うんだ。
よく朝寝坊してまで、パソコンに語りかけている俺、何なんだ。




















6分の予定が15分になってましたからね。


もうしっちゃかめっちゃかですわ。
どうも、ケンです。



banner3


ええ、まぁ、しっちゃかめっちゃかな僕ですが、
何とかかんとか、明日明後日にはボイスブログを更新したいと思います。
ボイスブログのURLは、右プラグイン、プロフィールより。




新規リンクです。

ぺけらずだいありぃー弐

りょたくんのブログです。小学6年生だよ!
みんな仲良くしましょう。(先生風




それでは、本日の記事。


また、若ですわ。
やらかしてくださいましたよ。







若ってのはクラスの担任で、

このブログの準レギュラー

でして、以前からボチボチこのブログに登場していました。



もう、彼こそしっちゃかめっちゃかな人です。
ちょっと過去ログ漁ってみたら分かるんじゃないですか?
まぁ、リンクは貼ったりしないんで、各自で探してください。
(読者に優しくない



それでは。今日の出来事。







続きを読む >>
徒然 | 21:26:18 | Trackback(0) | Comments(6)
別れの季節
最近気付いたんですけど、FC2ブログランキングで、50番圏内に戻ってますね。


夏の合宿だとかなんとかで更新できないで、50番圏内を外れて以来、
別にもう一回頂上目指すぜ!?なんてやる気も起きないまま、
要するに、ランキングにこだわらない更新を続けて、
2,3日に一回の更新頻度で近頃はやっている訳ですが、
にもかかわらず、突然ランキングが戻ってきた?


まぁ、正直、あまりランキングには興味がありませんし、
ランキング上げるために記事を書くのは、僕のブログにはちょっと合ってないですね。








ということで、これから毎日更新!
(言ってることすごく矛盾)



冗談です。時間的に少々苦しいんで、これからもこんな感じです。
どうも、マイペース・ケンです。



banner3


最近そんなにネタがありませんで。
いや、ネタがない訳じゃないんですが、
それを記事にしてもその時の面白さはあまり伝わらないのです。


まぁ、何があったかだけを伝えますと、卒業式です。
正しく言うと、卒業式が終わった後の、生徒会の先輩とのお別れ会です。
私ケンは生徒会役員でして、3年生の先輩のお見送り会をやったんです。


そのお別れ会では、
代表者数名が大量のワサビの入ったシュークリームを食べるゲームをやったり、
3~4時間ぐらい、永遠みんなでバスケやらサッカーやら野球やら缶蹴りやらしたり、
と、まぁ、みんなハッスルハッスルしまして、
そのハイテンションを、学校の警備員の人に叱られたりと、
























お別れ会であることを半ば忘れていた

ような会でありました。(少なくとも僕は)


だってよくよく考えてみたら、出席した三年の先輩は一人だけでしたし、
その先輩だって、よくよく見たら、






















学校の技術職の人

みたいな出で立ちだし。ああ、そうそう、顔も。
※技術職の先生とは、学校の設備の管理してる人ね。大体おじさん。




分かりにくいかな?
じゃあ、そうですねぇ、例えるなら……
なんだか、























もはや数十年前に卒業していて、
同窓会で学校に来た
40代のおじさん


な風情な訳ですよ。
写真あるけど、さすがにUPできない。残念。





いや、しかし、先輩がいなくなるってのは、寂しいものですね。
その先輩もやたら存在感の強い人でしたからね。
その存在感がいなくなるというのは、何か一抹の不安と寂しさを感じさせます。


その先輩は神奈川に行っちゃうんですね。
そう簡単には帰って来れない訳です。あの、老けた顔も、見納めです。
茶化してますけど、案外寂しいです。







来年は僕らが、先輩のポジションに立つ訳ですよね。
今のメンバーと別れる日が来るってのが、何となく、考えられませんね。
(ここでのメンバーは、クラスとか、生徒会とか、それぞれの集団として考えてください)


『新しい出会いがあるから、寂しがらないで!』なんて宣伝文句もありますけど、
とは言っても、そう言うのは綺麗事にしか聞こえないんですよね。
そりゃあそうでしょ~。僕らはあくまで現在を生きている訳で。
未来のことなんて、わかりやしないのですから。


だから、何となく不安になる。


先輩もきっと不安なことでしょう、何だかんだ言っても。

























『神奈川行ったら
 釣り放題だぁ~~!!』












不安なんてなさそうです



banner3


何だかんだで、卒業式ネタですね。

徒然 | 22:17:21 | Trackback(0) | Comments(5)
いま、会いに……
以前書いて、公開し損ねていた記事がありましたので、それを手直しして、公開します。


というのも、昨夜の話なんですが、
このブログでよくよく登場している、市川拓司という作家さんの本の、
『恋愛寫眞』を読み直していました。
この作品は、本当に、何か心に染みいってくるものがありまして、
購入以来、何度も読み返している作品であります。


で、この『恋愛寫眞』なんですが、
何度も読み返しを繰り返したことで、本の装丁やらなんやらが擦り切れちゃっていまして、
原則、本は綺麗なままキープしておきたいというのが、僕の心中ですので、
手あかで汚れたこちらの本に何となく嫌悪を覚えつつも、
しかし、刻み込まれた再読の歴史を感じてしまっております。


てな訳で、この本を、もう一冊購入しようかなぁーと思い始めました。
自分のブックシェルフに、同じ作品名が二つも並ぶのは、
それこそ、




なくした問題集を購入し直したのに、
買った後に出てきた



時以来ですので、なんだかとても感慨深いものがあります。



問題集は、テスト前になって必死になって探したりするんですよね。
で、見つからないで、慌てて注文するんだけど、テストに間に合わず、
テストが終わった後に注文したのが届いて、
ほぼ同時期に、なくした方が見つかるんですよね。



















こう言うときに限って、
井上陽水が流れてるんですよね。

(それはない)




探し物は何ですか?
ケンです。

今日は、そのちょっとした感慨深さにちなんだ記事な訳です。
ここまでは、全部今日考えた記事です。
追記から、以前から書いていた記事です。



banner3


記事本文に入る前に、ちょいと告知を。





15000HITバンザイ!!

はい、ありがとうございます。


てことで記念企画をやろうかなと思っております。
で、もしこんなことやって欲しいなぁ~的な事がありましたら、
コメントなんかで教えてくださればと思います。
少なからず僕の考えに反映させて頂きますので、よろしくお願いします。


それでは本文へ。




続きを読む >>
徒然 | 21:22:17 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。