■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2006年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
修学旅行記~in 朱家角~
どうも、ケンです。

長らくお待たせしました。やっと修学旅行記スタートです。



banner3





【朱家角】

こちらは、いかにも中国って感じの街並みでした。

明(1368~1421)の名残を残し、明代、清代の建物が川沿いに伸びて佇んでいました。

「水郷の街」と呼ばれるに相応しい街並み。

朱家角1

↑使い捨てカメラでもこんな風景が撮れます!

集合写真を撮った後は自由散策。

街の中に入っていきます。

活気溢れた風景。

朱家角2


やっぱり、街には侘びしさが漂っていて、なんだか落ち着けるような空気。

まぁ、偽物売ってる景色が、どうにも不相応なのですが。

朱家角4


ある意味これも不相応ですが……

これなんなんだよ、龍??

てか、出血してるのか、これ。

龍の威厳、皆無じゃん。





てか、それを撮っている俺もなんなんだよ。

朱家角3


こんな感じで、ちょっと休める感じの場所も……??

ちょっと友達の顔が映っていますが、まぁ、そこはご愛敬。











しっかり自分の写真はデリートしている訳でして。

まぁ、その辺はご愛敬。







こちらでの買い物。

やはり、偽物的物体が多々売ってある訳でして。

となれば、値切るしかない訳でして。







一緒に回った子が、街中でバッタリ会った先生に話しかけていました。

生徒「先生、何か買いました??」

先生「ん? ああ、結構色々頑張ったよ」

生徒「どんなん買ったんですか??」

先生「そうだなぁ、例えば、これとか」

と言って、手首につけたブレスレットみたいな奴。

先生「まぁ、だいぶしっかりした感じのお店で、店の人もあんまり値下げしてくれなかったよ」

生徒「いくらにしたんですか??





※「いくらだったんですか?」ではありません



 「いくらにしたんですか?」です




先生「えっとねぇ……1個30元か、40元だったんだけど、25元まで引き下げたわ」

生徒「へぇ~、そうなんですか~、そんなん好きなんですよねぇ~……」




会話終了後。



生徒「よし、行くぞ


店へ直行する彼。









なんて都合がいい感じで、

そのお店が僕らの目の前にあるのだろう。











※先生と会話してたのが、

 そのお店のすぐ近くだったからです。












生徒「すいません」

むっちゃ日本語。

店員「yes」

当然の如く返す

生徒「これいくら??」

またまた日本語

店員「さんじゅぉう、げぇん(30元)」

中途半端な日本語で返す






生徒の方が分からなくなり、仕方なく電卓を取り出す。

常識だが、中国での値切りは電卓を用いる。

電卓に希望する値段を打ち込んで、見せ合う訳だ。





生徒「うーん……5元?」

店員「ノーノー……30元」

生徒「じゃあ、10元?」

店員「うーん……25元?OK??」



ここで作戦変更。

「大量に購入するので、安くしてくれ」と言う方向性に。

つまり、僕らも一緒に買うという訳だ。

デザインなんかも結構気に入っていたため、僕らも買うと言うことで。




生徒「じゃあ、みんなで買うね?」

ケン「ああ、そういうことにしようか」




ここで一度ケンが交渉に出る。


ケン「Hey

なんて中途半端な。

ケン「4つ(4人で回っていたんです)で、40元は?」

店員「んー、ノー……80元」



ここで、生徒の一人が「俺、2個買うよ」と言い出す。



ケン「じゃあ、5つで、40元」

店員「……ノー、How about 70元」



この時点で、一個当たり14元=210円(1元=15円)

スタート値が30元だったのだから、半分になっていることになる。



ケン「だいぶ割れたよな」

生徒「……俺に貸せ」




さっきの生徒が電卓を受け取る。


















生徒「OK。10個で100元だ











お前、何個買うつもりだよ!


確かに一人頭10元になったが……彼は6つも買うのか……??





店員「……OK。100元OK」





いや、むしろ、こっちが「ノー」って言いたいよ。



だ、大丈夫なのか……。







会計を済ませ、店を出た後……。またさっきの先生に出会った。




生徒「先生!」

先生「おー、どうした?」





生徒「先生、俺ら、10元まで引き下げましたよ!!













…君、60元も払ってるけどね!


どうやら、先生に勝つことだけが目的だったようですねww












なお、彼はその後、値切りの達人の称号を得ましたとさ。



banner3


最後に新規相互リンクの紹介。

なゆさん ; 99.9%のデキゴコロ

です。グヘイレの方ですね。どうぞよろしく!!


スポンサーサイト
徒然 | 20:54:10 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。