■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2006年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ホントにこれが今年の最後の記事

どうも、ケンです。

現在実家。ネット環境最悪。というか、そもそも、パソコンの環境が最悪。

久しぶりに見たよ、こんなパソコン。

3回に1回は起動時に誤作動起こす

1時間に1回はフリーズする

インターネット使ったら、電話できなくなる(回線の都合)

てか、回線状況最悪






てか、Me





ブログ周りもいまいち出来ません。もち、コメント残したくても残せない。

頑張って、記事書いてますが、この記事も、ビックリ3回目ですよ。

2回も消えたんですよ、はい。








で、実家は壱岐という島にあるのですが、

まぁ、現在問題になっている“過疎”の現状を目の当たりに出来るような町です。



「過疎?どういう漢字じゃ?」

「過疎って何?」

「最近の若者の言葉はわらかん」




ええ、そんな感じの町です




まぁ、そんな町にも最近「町の人が作るラジオ」と言うものが出来まして、

要するに、今までは福岡とか長崎の放送局のラジオしか流れなかったところに、

壱岐の人々の手によって制作されるラジオが流れるようになったと言うことです。








数日前、こちらの町に里帰りした際に、そのラジオが流れてきました。











「どうも、島の皆さん、こんばんは」

快調な滑り出しじゃあ、ないですか。

ローカルな温もりがあります。













「ニュース『もう夜なのか』の時間です」









島の人間がおっとりしているからって、

それは言い過ぎだよ。




夜の訪れに気づいてないのかよ、島の人間は。










そんなツッコミにもめげず、ラジオは続きます。

しかし、電波の状況が悪く、どうにも聞こえづらい。







「ガガガガ、ガガガガガガ……


今年の十……大ニュ……ース





なるほど、ニュースの特集ですか。

年末らしいですね。



にしても、聞こえづらい。






「ガガガガガ……7位……ガガガ……福岡……世界…ホットな街トップ10……」


訳)福岡市が世界のホットな街トップ10に入った!



ほぉ、それは知らなかった。

素晴らしいことではないですか。

元々壱岐は、福岡県の領地でありまして、それから佐賀、長崎と変遷してきた歴史を持ちます。(多分)




MCの方が、コメントを差し挟んでいるようです。















「福岡の何処が熱いんですかね、まったく」




壱岐の人間に言われたくないだろうよ、福岡市民は







「まったく」って、どれだけ侮辱してんだよ













「どうやら、選出理由は……ガガガガ……






自転車の通行量が多くて、

振り向くと引かれそうだから
、だそうです」
















選出理由、絶対間違ってる






壱岐のラジオは、色々大変みたいです。

絶対どこかで、情報が錯綜しています。

さすがは、壱岐。最悪のネット環境を駆使して、頑張っていらっしゃいます、ラジオ局。

つい先日まではケータイの電波が全然入りませんでしたからね。

最近でも、ソフトバンクはダメらしいですね。ええ。
















そんな話じゃなくて。















皆さん。

あけましておめでとう。


(あと数時間後)




はい、今日はこんな感じで無理矢理閉じます♪

この記事の、一つ前の記事で年末企画やってますんで、そっちもどうぞ見て下さい。

ランキングクリックは、左プラグインからよろしくです。






来年からも、よろしくお願いしますね。

Museum Zero 管理人・ケン

スポンサーサイト
徒然 | 19:27:12 | Trackback(0) | Comments(6)
今年最後の…。
明日より実家に戻りますので、本年の更新はこれが最後になる可能性あり。

皆さま、本当にお世話になりました。

皆さまの良いお年を、画面の向こうから祈っている次第です。

間違っても藁人形なんて作ってないから大丈夫だよ♪




どうも、ケンです。

いやぁ、実家にもパソコンはあるしネット環境も整ってはいるんですけどね、

一身上、というか、家庭の、というか、親戚の都合で、色々時間が取れるか分からないわけです。

仕方ないんですよ、ご承知を。



banner3


ええと、どうすっかなぁ。







年末企画、やっちゃおうかな!!(唐突)




年末企画、内容を発表します。







ダラララララララララララララ(パーカッションの音……無理がある)






続きを読む >>
徒然 | 19:10:30 | Trackback(0) | Comments(12)
面白投稿ビデオ大賞!
子どもたちの運動会の姿は、面白いものですね。

全力疾走していた男の子が、途中で投げ出したり。

大玉転がしで、球の両端で吹っ飛んだり。

子どもたちがやるからこそ、面白いというものです。





どうも、ケンです。

投稿ビデオ大賞見ていました。

このブログには似つかわしくないほど、今日の出だしはほのぼのですね。



banner3


我が家には弟がいます。

弟も、今や中学生。

ビデオでやってるほど、幼くはない年齢です。

まぁ、真面目にやっていても、そんなに面白くはならない映像ばかり。

その分の感動を、僕は彼の運動会で見ています。





去年の話でした。





弟は中学一年生。

幼さは残るとは言え、大玉転がしで吹っ飛んだりとかしていたら、嘲笑の対象ですね。






彼の出場競技の中に、棒引き、というのがありました。

御存知でしょうか、皆さん。

グランド中央に棒が数十本置いてあって、グランドのサイドに子どもたちが並びます。

スタートの合図で棒に向かってダッシュ。

棒を引っ張ってきて、自陣の中に入れていく、と言うゲームです。

最終的に自陣内に棒が沢山あった方が勝ちですね。



分からなかった方のために、↓を参照
棒引き






ええ、そんな棒引きに弟は参加しておりました。

脚力、体力、体重等々が大いに関係してくる競技です。

さぁ、どうなるのやら……。






「いちについて、よーーい、どん!!(銃声)」








全力疾走する弟。

小学校時代にバレーボールをしていただけあって、スピードはまぁまぁのもの。

真っ先に棒に辿り着きます。





弟は一生懸命、棒を引いていきました。

バレーボールやっていたけど、身長はまだそんなに大きくない。

棒を引っ張るのには、少々時間がかかっています。






そこへ、相手チームの女子が3人掛かってきました。

まぁ、厳密に言うと、その辺一体が結構込み入っていて、どうやら、相手はもっと多いようです。

弟にも、友人がついていたみたいですね。





しかし、友人はさっさと他の棒の加勢へ行ってしまいました。

取り残された弟。

でも、諦めない。

女三人なんかに負けてたまるか。

俺は九州男児だ!……そんなことをおもっていたんでしょうか。







「あっ!!」





隣で母が叫びました。

僕もその方向を見ます。
















女の子3~5人に引っ張られて

棒と一緒に地面を引きずられている弟の姿









手を離せばいいものを、

そのまんまの体制で、相手陣地内まで

引きずられていく








会場大笑い……。








面白投稿ビデオに、投稿してみようかと思いました。

以上




ということで、バトンが回ってきたんで、さっさと消化します。




続きを読む >>
徒然 | 20:50:58 | Trackback(0) | Comments(6)
バトンs
バトンが回ってきたから、今日はそれを費やすことにします。

どうも、補習始まってテンション・ローなケンです。

別に補習しなきゃ行けないほど成績悪くないんだけどな~(殴



banner3


ええと、二つほどバトンがありまして。

先に回す人を指定しておきたいと思います。

勿論、「ネタがなくて困っているんです」って言う人は貰っていって下さい。

「クリスマスプレゼントが欲しいんです」って言う人には、心を込めて差し上げます。














「バ、バトンを……あがぁ、苦しいぃぃ~」

と禁断症状気味の方には、叩き売りにします


ので、どうぞ、ご自由に。




それでは指定させていただきますね。

①【複数回答不可。私の好きな……!バトン】

Melissaさん
こもりん
亜蘭さん
リックさん
武者小路さん


②【ノベリストバトン】※「ノベリスト=小説家」分かってますよね?

Hikaru!っち
ホイホイさん
やなせさん

↑5人指定なんだけど、誰が小説書いてるか知らないからなぁ~。



それでは。上記の方は必ず。それ以外の人も必ず追記へどうぞ。




続きを読む >>
徒然 | 19:26:27 | Trackback(1) | Comments(10)
So this is Christmas...John Lennon
Happy Christmas to Every Reader !!




メリークリスマス!!(イブ)

この流れだと、明日も「メリークリスマス」って叫ばなきゃ行けないね~。

ていうか、このブログ見てる人は、どうせ、独り身の人ばかり何だろうね。

まさか、彼氏彼女でイチャイチャしながらこのブログ見てる奴なんていないんだろうね~。

まぁ、そういう奴がいたら、















韓国人が漬けた、

まだ壺の中に入ってるキムチ



ぐらいにメッチャクチャにしてやりたいと思います。

鮮血ブフォーで、顔中、キムチが如く真っ赤に染まると思います。






どうも、ケンです。

先日、ソファーの角に右足小指をぶつけて、リビングをのたうち回っていました。

どんだけ貧弱やねん。

キムチみたいにしてやる、なんて言った自分が、訳分かりませんね。



banner3


さて、今日はクリスマス・イブ。

そして、明日はクリスマス。













クリスマス、クリスマス、

うるさいのぉぉ~ボケぇぇ!



ああ、どうせ、クリスマスの夜にブログの記事書いてるような男ですわ。

ええ、そうですわ。なんか文句あるかい。





まぁ、てな訳で、今日はクリスマスの記事です。

今日は、今までにないような記事を書きます。

気になった方は追記へ。



続きを読む >>
徒然 | 21:52:16 | Trackback(0) | Comments(8)
ゴミ
なんだか、修学旅行記書く気がだいぶ失せてきたわ~。




(殴打


どうも、ケンです。

今日も修学旅行記とは違う、ノーマル記事を書きます。



banner3


もうすぐクリスマスですね。

うちの日本史の先生は事あるごとに、自虐のネタとして使っていらっしゃいます。

先生「鎌倉時代の土地制度は分割相続でした」

生徒「……(分からない様子)」

先生「要するに、ケーキを10等分して、~君は5個、君の弟は3個、妹は2個食べるってことだよ」

生徒「ああ、なるほど!」

先生「ちなみに……















僕の今年のクリスマスケーキは

単独相続です


先生頑張っています。

多分、声がでかいんで、隣のクラスの生徒にも聞こえていることでしょう。

そんなに自分の虚しい日々を暴露することないですよ、先生。





まぁ、先生をいじるのはこれぐらいにして、

クリスマスが終わったらすぐにやってくる年末。

お掃除が大変ですね。

今年のゴミは、今年のうちに捨ててしまいましょう、皆さん。

今日は、そんなゴミの話。




続きを読む >>
徒然 | 21:22:24 | Trackback(0) | Comments(5)
あれから、僕たちは。
本日は修学旅行記をお休みして、ノーマルな記事をお送りします。




Music Stationでライブをやってますね。

ええ、目白押しの曲ばっかりです。

コブクロ、スキマスイッチ、レミオロメン。

担任の「若」には、区別が付かないそうで。ご愁傷様。

DJ OZUMA は、相変わらず脱いでますね。

テルー歌ってる人は、相変わらずスゴイ歌声ですね。

倖田来未は、相変わらずスゴイ化粧ですね。オバタリアン目前。

ポルノグラフィティは、相変わらず、スゴイしゃがれ声ですね。憧れます。




そんな中、先日こんなことを言われました。

「ケンの声って……










H20の声に似てる!


また、なんて微妙なラインでしょう。

果たして何人が「こんな声か」って想像できるでしょうか。





どうも。

大人の階段昇る、僕はまだシンデレラさ。

ケンです。



banner3


今日は、某歌手について、お話しさせていただきます(長井正和

なお、大ファンであるミスチルの話ではありません。

爆発物大好きなB'zさんでもありません。

気になる方は、追記へどうぞ。



続きを読む >>
徒然 | 23:19:54 | Trackback(0) | Comments(4)
修学旅行記~in 三国村~
亀田大毅が「いつかのメリークリスマス」を歌っていましたが、

その「いつか」とは、果たしていつなんでしょう。

どうも、ケンです。

何気なく始まりましたが、かなりお久し振りですよね。



banner3


使い捨てカメラの限界を思い知っている今日この頃です。

画像にもあんまり期待できませんね。

それでは、修学旅行記2日目ですね。追記へどうぞ。




続きを読む >>
徒然 | 21:18:32 | Trackback(0) | Comments(5)
すいません
更新できずにスイマセン。実は……


・土曜日は授業&GTECとかいう英語のテスト

・日曜日はカラオケで熱唱

・今日は学校の指定休業日で休みだったため、スケートに行った!



ということで、疲労困憊な訳です。

申し訳ありませんが、また後日、修学旅行記の続きを書きますので、よろしくお願いします。

溜まっていたコメント返しは先ほど済ませましたので、読んでいただければと思います。

ケン



banner3


今日は押してもらわなくても、いいですね。ごめんなさいね。

徒然 | 20:41:17 | Trackback(0) | Comments(6)
修学旅行記~in 朱家角~
どうも、ケンです。

長らくお待たせしました。やっと修学旅行記スタートです。



banner3





【朱家角】

こちらは、いかにも中国って感じの街並みでした。

明(1368~1421)の名残を残し、明代、清代の建物が川沿いに伸びて佇んでいました。

「水郷の街」と呼ばれるに相応しい街並み。

朱家角1

↑使い捨てカメラでもこんな風景が撮れます!

集合写真を撮った後は自由散策。

街の中に入っていきます。

活気溢れた風景。

朱家角2


やっぱり、街には侘びしさが漂っていて、なんだか落ち着けるような空気。

まぁ、偽物売ってる景色が、どうにも不相応なのですが。

朱家角4


ある意味これも不相応ですが……

これなんなんだよ、龍??

てか、出血してるのか、これ。

龍の威厳、皆無じゃん。





てか、それを撮っている俺もなんなんだよ。

朱家角3


こんな感じで、ちょっと休める感じの場所も……??

ちょっと友達の顔が映っていますが、まぁ、そこはご愛敬。











しっかり自分の写真はデリートしている訳でして。

まぁ、その辺はご愛敬。







こちらでの買い物。

やはり、偽物的物体が多々売ってある訳でして。

となれば、値切るしかない訳でして。







一緒に回った子が、街中でバッタリ会った先生に話しかけていました。

生徒「先生、何か買いました??」

先生「ん? ああ、結構色々頑張ったよ」

生徒「どんなん買ったんですか??」

先生「そうだなぁ、例えば、これとか」

と言って、手首につけたブレスレットみたいな奴。

先生「まぁ、だいぶしっかりした感じのお店で、店の人もあんまり値下げしてくれなかったよ」

生徒「いくらにしたんですか??





※「いくらだったんですか?」ではありません



 「いくらにしたんですか?」です




先生「えっとねぇ……1個30元か、40元だったんだけど、25元まで引き下げたわ」

生徒「へぇ~、そうなんですか~、そんなん好きなんですよねぇ~……」




会話終了後。



生徒「よし、行くぞ


店へ直行する彼。









なんて都合がいい感じで、

そのお店が僕らの目の前にあるのだろう。











※先生と会話してたのが、

 そのお店のすぐ近くだったからです。












生徒「すいません」

むっちゃ日本語。

店員「yes」

当然の如く返す

生徒「これいくら??」

またまた日本語

店員「さんじゅぉう、げぇん(30元)」

中途半端な日本語で返す






生徒の方が分からなくなり、仕方なく電卓を取り出す。

常識だが、中国での値切りは電卓を用いる。

電卓に希望する値段を打ち込んで、見せ合う訳だ。





生徒「うーん……5元?」

店員「ノーノー……30元」

生徒「じゃあ、10元?」

店員「うーん……25元?OK??」



ここで作戦変更。

「大量に購入するので、安くしてくれ」と言う方向性に。

つまり、僕らも一緒に買うという訳だ。

デザインなんかも結構気に入っていたため、僕らも買うと言うことで。




生徒「じゃあ、みんなで買うね?」

ケン「ああ、そういうことにしようか」




ここで一度ケンが交渉に出る。


ケン「Hey

なんて中途半端な。

ケン「4つ(4人で回っていたんです)で、40元は?」

店員「んー、ノー……80元」



ここで、生徒の一人が「俺、2個買うよ」と言い出す。



ケン「じゃあ、5つで、40元」

店員「……ノー、How about 70元」



この時点で、一個当たり14元=210円(1元=15円)

スタート値が30元だったのだから、半分になっていることになる。



ケン「だいぶ割れたよな」

生徒「……俺に貸せ」




さっきの生徒が電卓を受け取る。


















生徒「OK。10個で100元だ











お前、何個買うつもりだよ!


確かに一人頭10元になったが……彼は6つも買うのか……??





店員「……OK。100元OK」





いや、むしろ、こっちが「ノー」って言いたいよ。



だ、大丈夫なのか……。







会計を済ませ、店を出た後……。またさっきの先生に出会った。




生徒「先生!」

先生「おー、どうした?」





生徒「先生、俺ら、10元まで引き下げましたよ!!













…君、60元も払ってるけどね!


どうやら、先生に勝つことだけが目的だったようですねww












なお、彼はその後、値切りの達人の称号を得ましたとさ。



banner3


最後に新規相互リンクの紹介。

なゆさん ; 99.9%のデキゴコロ

です。グヘイレの方ですね。どうぞよろしく!!


徒然 | 20:54:10 | Trackback(0) | Comments(6)
修学旅行記~プロローグ~
「修学旅行で何を学びましたか?」




修学旅行が終わった数日後の英語の授業で、そんな質問が投げかけられた。

勿論、英語で。答えも、英語で。

クラスのみんなはそれぞれ、感じたことだとかそういうことを色々と書いているようだった。

でも、誰も「何を学んだ」とか、そういうことに関しては言及していないように見えた。




当然のことだと思う。

まぁ、強いて言うなれば、

「広い視野を持てた」だとか「自分とは違う価値観に接することが出来た」だとか、

そんなステレオタイプの解答を英文にして書けばいい訳だ。

では、修学旅行なる学校行事において、そういうことを本当に学ぶことが出来たのか??




否。

馬鹿馬鹿しい話である。

質問を投げかけた教師のレベルの低さが窺える。

誰がそんな大層なこと考えながら、一週間を過ごしていただろうか?




僕らの目の前には、それこそ色んな風景が広がっていて、

確かにそれを「異なった価値観」だとか、そういう陳腐な呼び方をすることは不可能ではない。

だけれど、そんな理性的で大人びた考え方をしていられるような、そんな状況じゃなかった。

僕らの冷静さを取り払ってしまうだけの、大きなものを感じさせるものが、そこにはあった。




誤解がないように記しておくと、

僕が言いたいことは、中国にあった一つ一つが素晴らしかった、と言うことではない。

むしろ、中国にあったものは、それほど大したことなかったのかも知れない。

北京ダックは食ってないし。

ていうか、飯は痛く不味かったし。

東方明珠とか言うタワーから見た景色は、雲が広がっていて最悪だったし。

その他諸々。文句は尽きません。




僕らが中国で過ごした一週間。

クラスメートだったり、その時々に一緒にいたりした人との間に、

何かしら、その場を精一杯楽しもうとする雰囲気があった気がする。

移動時間、トランプやUNOを楽しんだり、自由散策時の計画を立てたり。

数えればキリがない、そんな一つ一つの小さな行いが、修学旅行を盛り上げたんだと思う。




結局のところ、修学旅行は楽しかったし、行ってよかったと思う。

でもそれは、

旅行社のスケジュールが完璧だったから、でも、

訪問地の景色が雄大だったから、でもない。

そういう雰囲気が僕らの間にあったからだ。




まぁ、そういう訳で。

僕が、或いは写真を提供してくれた友人が撮った写真が、

そういう雰囲気までも映し出しているかと言えば、

それは確実に否であります。

どんなに綺麗な風景を撮ってきても、それはプロには及ばないし、必要もない。

修学旅行の時に感じた一つ一つの感情を画で表すことは確実に出来ません。

僕の筆力がその時々の思いを補完出来るとも思っていません。

多分、大した記事にはならないでしょう。

それでも、興味を持って読んでくれる人のために、この修学旅行記は存在します。

これから数日間、どうぞよろしくお願いします。


























堅いなぁ、おい




自分で読み直して、恥ずかしいわ~、これ。

どうも、ケンです。

明日明後日頃からまともに書き始めます。

















要するに、写真が揃ってないってことだよ、うん。

必死なんだよ。写真集めるの。





















本当はロナウジーニョに見惚れて、

記事書けなかっただけなんだよ。


必死なんだよ。サッカー見るの。




ロナウジーニョ、スゴイねやっぱ。











あの人、サッカーがなかったら、単なる変な顔の人じゃんね。






まぁ、僕がどうのこうの言える話じゃないけどさ












そこぉぉっ!!

パソコンの前で嗤ってるんじゃねぇよ!!



あーー、もう、こういう人が読者だと思うと、気が滅入っちゃうよ。














滅入っちゃったついでに、この記事終わりにしようか。

どうも、ケンでした。

次からちゃんと書きます~!



banner3


徒然 | 23:44:48 | Trackback(0) | Comments(9)
お詫び
えーー、更新が滞っておりますね。

実は、修学旅行記のための写真集めに奔走しておる訳です。

デジカメを持たない身である以上、使い捨てカメラに頼るより他なかった訳です。

無論ながら、画質は最悪な訳です。

従って、友人のデジカメ画像をもらったりなんだりしている訳ですね。

どうも、ケンです。

中途半端なタイミングで割って入ったのは、ただ自分が何者であるかを証明したかったから

文章が分かりにくくなったことをお詫びします。

実際この自己紹介、絶対要らない。

でも、書きたい。

書きたい。書く必要はない。だけど……。

そうやって、エゴとエゴのせめぎあいの渦中にいた訳です。

結局のところ、人間とはエゴの塊であり、エゴを捨てることは出来ないのです。

社会に生きる人間一人一人のエゴが、誰かと誰かをつなげあい、誰かと誰かの間に亀裂を生じさせる。

あるがままの心で生きられないから、人は傷ついていく訳です。


















何の話だったっけか?

まぁいいや、なにがなんであろうと、ごめんなさい。

近い内に、修学旅行記、スタートします!!

武者小路(Blog "AirFreedom")で、時系列で紹介されていますから、

こっちは、要点だけ絞った、内容重視型で行きますぜ!!

それでは。

 banner3


徒然 | 23:10:41 | Trackback(0) | Comments(7)
帰ってきたぞ
どうも、修学旅行から帰ってきました、ケンです。

明日から、今まで通りの更新に戻ります。

写真が出来次第、修学旅行記でも書こうかなと思います。

来たい人だけ見に来ればいいさ。(読者を敵に回す行為

あと、修学旅行のお土産企画、Hikaru!には今日発送しました。

多分明日にはつくと思います。

送料はこっちで確か払った。(もし請求されたら、ゴメンねw

リックさんには、写真が出来次第メールでお送りしますね。

Kenteiさんの分は学校で手渡しという何とも愛情のこもった、かつ金のかからない方法で。

やっぱり愛とはプライスレスです(うまくない。

そういう訳で。ケンでした。

徒然 | 17:43:04 | Trackback(1) | Comments(15)
修学旅行中に予約投稿ver3.0
やっと狩人の話が出来るよ。うん。

今日はほとんど関係ない話をしたいと思います。

どうも、修学旅行中のケンです。

変換ミスで、さっき「主が苦慮口中」なんてなってしまいました。



banner3


先日の記事で出てきた「狩人」(過去ログを探ろう。2つ前の記事)

うちのクラスの奴が、しでかしました。

うちの学校は中高一貫ですから、もう5年間もみんなと一緒なんですよね。

ちっちゃい頃から、純粋さをなくした大人になっていく様を否が応でも見る訳です。

もう灰色の瞳をしている訳ですよ、今では。








で、中学2年生の頃でした。


「問:ロシアの民族で、アシカの肉などを食べ生活するものを何というか」





このような問題が出されました。

社会科の先生(=“Blog 社会科ちゃん”の管理人)が生徒を指名します。

黒板に答えを書いていく、指名された友達。












某友人の解答: 狩人!




勿論、正しい答えは、イヌイットですよね?(ゴメン、自信ないわ)









はい、まぁ、中学二年生のかわいい誤答。

それから3年の月日が流れた。

先日の期末テスト・古文で、問題は起きた。











「問:『源氏物語・桐壺』の書き出しを答えよ」

「答:いづれの御時にか」










某クラスメートの答:

「昔々あるところに」







現代語かよ!







しかも、文字数はあってるよ













「問:皇后の最高位を何というか」

「答:中宮」














某クラスメート(同一人物)の答:


愛人













こいつ、ぜってぇ薄汚れてる



banner3


時の流れは無常ですね。
明日からも更新があるよ……かな?

徒然 | 10:30:00 | Trackback(0) | Comments(5)
修学旅行中に予約投稿ver2.0
どうも、ケンです。

以前、学習合宿の際には一気にランキングががた落ちしたのを覚えています。

まぁ、ランキングのために記事を書くというのは間違いで、

あくまで僕は自分のために、そして何より、読者のために記事を書いている訳です。










まぁ、学習合宿の時にがた落ちした時から

元の順位にカムバックできていないんだから、

もう読者に見放されているんでしょうけどね





♪愛を下さい WowWow 愛を下さい Zoo Zoo









動物園か!




ライオンに愛を求めるな!








♪君を守るため、そのために生まれてきたんだ~












らいおんハートか!!




どんな心やねん。

どうも、心を込めて、中国より。ケンです。

心を込めたのは、残念ながら日本です。ケンです。



banner3


さてさて、修学旅行は3日目です。

この時間帯だと、多分、華西村というところにいると思います。

読み方は未だに分かりません

えー、てな訳で、僕らは今日は、この村にホームステイする訳です。









なお、修学旅行前には、中国語講座を30分受けました。









30分の中国語講座のあと、先生は一言。







「じゃあ、みんな、

100均で中国語の本を買っておくように






何だよその無責任。








先生「俺はダイソーの回し者じゃないからな」って、

誰もその辺疑問には思っていませんから。







で、そんなこんなで、ホームステイです。






どういう風にコミュニケーションをとれ、と?

まぁ、せいぜい買っておいたカステラでもあげることにしますよ。








さて、ホームステイ先では、近所の数軒が集まって一緒に飯を食べるそうです。

中華って、大抵こう、大皿からとるって形じゃないですか。

そういう訳で、同じ班のメンバーの家庭が集まるのだとか。





どうやら、普通に学生にもお酒を振る舞うのだとか。

そういう情報を聞きつけた瞬間に、うちのクラスの一人は叫びました。

「飲み比べしようぜ!!」

おお、いい見物じゃないか。

お、どうやら、武者小路が掴まったみたいだな。

ん?むしろ、彼は喜んでいるじゃないか。

まったく、なんてダメな学生どもだ。














「おい、ケン、お前もやる?」














やるのかい?




やらないのかい?





どっちなんだい?














やぁぁ~~るぅぅ


未成年の飲酒はダメですよ♪(死












ゴメン、狩人の記事、忘れてたわ。

また明日分の記事で。



banner3


徒然 | 18:30:00 | Trackback(0) | Comments(3)
修学旅行中に予約投稿
予約投稿機能って、なんて使えるんだ!

実感湧いてるけど、実体はパソコンの前にはいない、そんなケンです。



banner3


予定通り行っていれば、今、僕は電車の中にいます。

電車って行っても、普通の電車じゃない。

新幹線でもないし、シベリア超特急でもない。

勿論、水野晴郎は一切関係ない。

というか、水野晴郎が修学旅行についてきたとなると、

シベリア特急みたいな殺人事件が、修学旅行中に起きそうで怖い。





で、水野晴郎なんてブログの片隅に放っておいて、

僕ら修学旅行一団が乗っておりますは、



世界初のリニアモーターカー



なのです。

なんでも、超電導磁石とコイルによって、乗り物自体が10cm浮上した状態で走っているとか。

高速かつ安全、運営コストが低く、環境に優しいらしい。




最高設計時速:505km/s

平 均 時 速 :430km/s




こんなスピードで走ってて、勢い余って空に飛んでいかないのでしょうか?





そのまま、銀河鉄道なんかになっちゃったりしないでしょうか?








「メーテル~~」と叫んだりしないでしょうか?














「8時ちょうどの~~♪」













あずさ2号じゃ!!






狩人か!!













「違う、テツandトモがカバーしたバージョンだ」














お前の発言、なんでだろう~!?

(うまくはない)



ええ、何だかんだで狩人な訳です(?)






あーー、狩人で色々思い出したわ~。次の記事に書きます。はい。














修学旅行関係ないなぁ!!



banner3

修学旅行 in Chinaのケンがお送りしました。

徒然 | 14:45:00 | Trackback(0) | Comments(5)
修 学 旅 行
タイトル通りさ。

何のひねりも無いよ?





何か文句でも?

(喧嘩しない)








あー、あるともよ、えぇ!? ごらぁ~!?

(喧嘩を買わない)













修学旅行前日にグダグダかよ



※グダグダの~ 一年生♪

(言いたかっただけ)






どうもケンです。

売られた喧嘩は、とりあえず値切ってみます。

逆上されることは明らかでしょう。



banner3


さてさて、帰ってきたら修学旅行記をまた連載しますかね。

写真も大量UP予定。乞うご期待。




1万HIT&1000コメント記念企画もとうとう実行ですね。

Hikaru!さん、リックさん、Kenteiさんはお楽しみに。

あんまり楽しみにされると、落胆も激しいでしょうから、ほどほどに。

でもやっぱりお楽しみに。








あー、なんてうざいんだろう。


強調しておいて打ち消すなよ。どっちだよ。
















負けられない戦いが そこにはある


数日後、僕は戦いの渦中に呑み込まれていく。

もしかしたら、生きて帰って来れないかも知れない。

中国という街に完全に押し潰され、人々の笑いものになるのかも知れない。

でも、それでも僕は戦わなければならない。

それが、宿命。

………準備は整った。あとは一言、言うだけだ。












「これ、安くして!!」






ああ、そうだ、その一言だ。それだけだ。




あとは、電卓に数字を打ち込んで、お店のおじさんに手渡せばいいだけだ。

無論、そんなに簡単に勝てるとは思っていない。

おじさんは飄々とした表情で、電卓の数字を消去し、異なる数字を出してくるに違いない。









静かに、戦いの火蓋が切って落とされた



僕は「ノーノーノー」とかと言いながら、また数字を打ち込む。

電卓を手渡す。

店員は「うんざりだ」と言わんばかりの呆れた表情。

感情的になってはいけない。

おじさんに渡された数字にも、僕は首を横に振る。

その瞬間だった。








僕とおじさんの視線が一瞬交差する










激しい火花が、中国の下町の情景に消えていく



僕が電卓に打った数字を見て、おじさんは、不敵な笑みを浮かべた。









ここまででみんなにそろそろ気付いて欲しい。

2つだよ。














1.日本語も英語も向こうじゃ通用しない











2.まだ僕は中国に行っていない



てか、行ったこともない














要するに、

この記事ほとんど全て妄想



banner3


値切り合戦、頑張ってきます♪
川平慈英はついてきません。むしろついてきて欲しくありません

徒然 | 20:54:18 | Trackback(0) | Comments(4)
特に何かあった訳じゃないけど突然ですが、企画実行
はい、思い立ったが吉日。

てか、今ニュース見た瞬間ビビッと来て、企画するわ。






どうも、ケンです。

イナバウアーをすると、背骨がボロリボロリと不協和音を発します。

ちなみに、イナバウアーは、首をちょこっと曲げるだけでも、イナバウアーと呼ぶそうです。

その場合、首がゴロリゴロリと日なたで寝転がる猫みたいな音がします(?)



banner3


はい、それでは、企画内容を発表します。





【企画 ~流行語大賞~】

12月1日。

「今年の流行語大賞」が発表された。



1位はイナバウアー

2位は品格



その他、

ハンカチ王子だったり、

たらこたらこ~♪だったり、

シンジラレナーイ!だったり、

今年一年、巷を騒がせた言葉が発表された。






人と人とがつながりあう。

そんな素敵な瞬間を作り上げ、彩りを加えるもの、それが言葉である。

色んな言葉が生まれ、人と人をつなげ、そこにあらゆる感情を生む。

言葉とは、生きてきた時間である。

言葉とは、思いである。

言葉とは、友情とか、恋心とか、そういう少しだけ恥ずかしい気持ちである。













~あなたがこの一年、

     沢山使った言葉は、なんですか?~








はい、ということで、皆さんの流行語大賞を募集します!!

素敵な言葉じゃなくてもいい。

有り触れた言葉でもいい。

あなたが生きてきた時間にある言葉の一つ一つが、あなたを作っているのです。

その一つ一つが、美しくないはずがあるでしょうか?




応募は、コメントへどうぞ。

非公開要望の方は、メールフォームからでも結構ですし、「管理人だけに表示」って奴でもOK。

また公開コメントに関しては、皆さん、コメントを使って会話してもらったりしても結構ですよ。









まぁ、と言うことで、僕の流行語も話しておきましょうか。

そうですねぇ………、いや、でも、案外考えてみると難しいですね。

うーん、何かなぁ……。












あ、分かったわ。









“死ねばいいのに”


















ゴメン、美しいもへったくれもないわ









≫言葉とは、思いである
≫言葉とは、生きてきた時間である








死んでるじゃんかよ









≫言葉とは、友情とか、恋心とか、そういう少しだけ恥ずかしい気持ちである。







ああ、ある意味恥ずかしいわ。














もう、自分自身が、シンジラレナーイ!!

(オチと解説しなきゃ分からないようなオチ。


ええ、まぁ、こんな感じでグダグダですが、皆さんの美しい言葉を待っています。



banner3


徒然 | 00:38:53 | Trackback(0) | Comments(13)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。