■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2006年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夢~Dream~
我が校から、プロ野球選手が生まれます!!









今日のドラフト会議で1位指名を受けたそうです。
学校にテレビが押し寄せて、大会議室を占拠していました。
長机が出されてて、電話が引っ張ってありました。








うちの担任「若」が

「いやぁ~、僕なんかのために、弱ったなぁ~」

と自惚れておりました。














とりあえず、

くるくるバットでもさせておきたい気分でした。











「あの~、通して頂けますか?」












ほら、

記者さんからも、

あからさまに邪魔者扱いじゃないか







「若」は、いつまでも夢見る少年。

そう、ピーターパンです。








どうも、超現実主義者・ケンです。
何にせよ、夢が叶うというのは、素晴らしいことです。



banner3







●死ぬまでに叶えたい100のリスト●


えー、365日坊主(やなせさん)の所から拾ってきた、
ちょっとしたバトンみたいなもんですね。

では、行きます。





001.本を出版する

002.ついでにそれがなんかの賞を取る

003.ついでにミリオンセラーになって、印税ガッポガッポ

004.その勢いで、メディアに露出

005.メディアの力によって、ブログ人気急上昇

006.家の周りにカメラマンが……

007.スキャンダルを起こして、週刊誌なんかに取り上げられる

008.ブログ、炎上

009.そんなこんなで、FC2ブログに恩返しする

010.CDを発売する

011.「お、案外いい曲じゃん」

012.CDが売れて、また印税がガッポガッポ

013.第2作で、自分で作詞作曲する

014.好評に好評で、売り切れ続出

015.またも、印税がガッポガッポ

016.夏フェスなんかに呼ばれたりして、豪華共演

017.色んな音楽家とコラボレーション

018.自分の好きな曲とかを、カバーしてアルバム発売

019.全国ドームツアー

020.シークレットライブとかもやる

021.色々とやってるうちに、著名人と対談したりする

022.映画にちょい役で出演したりする

023.ファンとのふれあい会

024.色紙にサインする

025.人が着てるウインドブレーカーとかにサインする

026.割り箸の袋にはサインしない

027.握手する

028.調子に乗って、ハグなんかしてみる。

029.好きな人に想いを告げ、成功

030.その人との色んな未来を夢見る

031.Forever with her...

032.………













ええ、ここで致命的なミスが発覚しました。
















100も書けない














前書きの「夢」と何処か関連してて面白いかなぁ~と軽い気持ちでやったのが間違いだった。

やなせさん、ホントごめんなさい。










仕方ないので、「夢」関連の話をもう少し。









どこかで聞いたフレーズ。

「夢は叶えるためにあるのだ」

お~、なんてカッコイイ台詞。






そうです、確かに「夢は叶えるためにある」ものです。
夢に向かって、僕らは日々邁進していく訳です。

例えば、上記の高校生なら、ずっと野球をやってきた訳ですな。
で、見事に某球団に指名されました、と。





ある意味、私達は夢のために生きていると言えます。
どんなに小さな夢であっても、それを叶えるために何かをしたりします。

最近の僕だと、体の細さを改善するために、ちょっと筋トレなんかやってみたりして。(恥








さてさて、

しかし、私達はいつまでも夢ばかり見ていられるという訳でもない。

夢を追いかけるのは簡単です。
でも、その過程で、果たして何人の人に迷惑を掛けるのでしょうか。








私達はあくまで、社会という枠の中で生きているのです。
社会を形成するのは、やはり、人です。
それも、意志を持ち、感情を持ち、それを発露する人間です。








それぞれが夢を追いかけるのでは、お互いがお互いを邪魔し合って、
結局はいざこざを起こして、両者傷つくというものです。

「夢を追うためには傷つくのを厭わない」
「夢を追うんだから、誰かを傷つけてしまうのは承知だ」

そういう意見だってあるでしょう。

でも、社会の中で夢を追い求めるのです。
私達は、誰かを傷つけた、その責任を完全に負えるのでしょうか。








一般論ですが、

誰だって、結局は、何処かで夢と現実の境目を作らざるを得ないんですよね。









夢は叶えるためにあるものです。
でも、叶えることが出来ないからこそ……………















再びの告知です。















話が纏まらない


















この調子で喋らせたら、あと2,3時間かかってしまう














※なんか、この話の進み方、何処かで見た覚えがある……
 パクリじゃないです。偶然です。





ゴメンけど、やっぱ風邪が長引いてるんで、この辺で。



banner3


今日書いた記事は、きっと夢の中で僕を襲う。

スポンサーサイト
徒然 | 23:41:22 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。