■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2006年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がびーん
ウッソォ~~~!!
マジぃ、何故??なんで、このタイミング!?

どうもケンです。もう涙ちょちょ切れます。



ほんのちょっと前まで、高総体報告会で使うプレゼンのデータを作ってたんですが……。




突然フリーズ





はぁ~~!?そんなぁ~~!?






で、パソコン再起動して色々いじくった訳ですが、
どうも復旧しそうにありませんわ、はい……。








誰か、手助けプリーズ









仕方がない、朝早く学校に行って、元データでやるか……。










てことで、今日のところは早く寝ます。

こんな下らないブログ書いてないで

それでは、クリックした人から寝ていいよ~~!!
さらばです。



banner3


スポンサーサイト
徒然 | 23:33:27 | Trackback(0) | Comments(6)
Drawing~2日目~
まだ眠いんだけど、起きてしまいました。
昨日のカレーは見事に消化排出されました……。ご心配なく。
どうもケンです。
朝から、少々汚いですな、我ながら。

小説をUPします。2日目になりますね。1日目は、Categoryの『My Novel』からご覧になれます。

え~、癖のある文体なんで、少々とっつきにくいところがあるかもですね。
何とか工夫を凝らしていきたいと思います。
あと、何の前触れもなく、一度UPした文を書き換えることもあります。
その際は、まぁ、何らかの形でお知らせしますので、ご勘弁を。

それでは。



banner3




「そういえばさぁ……」
 ん?と振り返る気配を感じつつ、高岡佳奈(タカオカ・カナ)は、こんなことは久しぶりだよね、と自分の中で再確認をしていた。

 諒と美術部で知り合い、仲良くなってからというもの、一緒に帰ることが多い。たまに、諒の自転車に二人乗りすることもある。とはいえ、恋人仲であるという訳でもなく、しかし、じゃあどういう関係?と問われて『単なる友達』と言い切ることもできない。親友以上恋人以下……??どこかのライトノベルなどに見受けられそうな単語に、気恥ずかしさ半分、困惑半分である。
 帰り道は、勿論二人きりのこともしばしばあったが、大抵はそうではなかった。

「そういえば、何?」
 ペダルを漕ぎながら、諒が促した。
 諒の肩に乗せられている、佳奈の両手。
「最近、諒、修一君と一緒じゃないなぁ、と思って」

 修一というのは、諒の友達だ。美術部ではないけれど、帰り道に一緒になることが多く、諒から紹介されて友達になった同級生である。アウトドア派でスポーティー、交友関係が広く、社交的、しかし幾分他者に対する配慮に欠け、大雑把で、深く考え込まない……修一は、諒とはほぼ完全に正反対だ。諒が『大切なものをいつまでも大切にする』タイプ、修一は『大切なものを投げ打って、さらに大切なものを手に入れる』タイプ……といったところだろうか。

 ああ……と相槌を打つと、諒は自転車を左に傾けた。カーブに沿って自転車が進んでいく。
「修一のヤツ、部活とかで忙しいみたいでさ。結構遅くまで残ってるみたいなんだよ」
「へぇ、大変なんだね」
「補習も受けてないみたいなんだよなぁ、あいつ」
「……私はちょっと羨ましいかも、補習受けないでいい、なんて」
 諒が小さく笑い声を漏らした。
 佳奈は会話を続けながら、修一君って部活してたっけ?と疑問を感じ始めていた。



banner3


【Drawing】 (継続小説) | 12:23:55 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。