■Clock

■Calender

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2006年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


■Nice to Meet You

ケン

管理人:ケン

長崎県在住の17歳です。

一高校生の観点から、どうでもいい日常生活の姿から社会に対するコラム、自作小説まで、ありとあらゆる文を書き綴っていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

相性診断はこちら

livedoor時代のブログはこちら
↑見た時点で、あなたの負けです。
  見ない方がいいよ。

WEB本棚 -Ken's Bookshelf-はこちら

ボイスブログもあります。こちら


人気ブログランキング参加中









FC2ブログランキングにも参加しています










そして、実は裏ブログが立ち上がってます。
細々した記事を書いてます。
裏ブログ「Fuchsia-Milori」はこちら


■Access Counter

■Links
■New Entries

■Introduction

市川拓司、初エッセイ。
「きみはぼくの」 ↑バナーをクリックで、詳細ページへ
(立ち読み可)

「いま会いにいきます」「恋愛寫眞」など、
数々の代表作で知られる作家・市川拓司。
彼の半生を振り返ったエッセイです。

■Blog Pet



ブログペットの『カイ』です。
語感からネーミング。
別に意味無し。
記事中の言葉を覚えていきます。
先日、ブログ100記事目をカイが投稿しやがりまして、それ以来、ほぼ絶交中
温かく見守ってやってください。

■Category
■All Articles
■To The Author...


管理人・ケンへのメールはこちらより。

Name:
Mail:
Title:
Contents:

迅速に、確実に、お返事致します。
お気軽にどうぞ。

■QR Code

QRコード

■RSS
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
頭上注意!!
どうも。硬い髪が頭皮を覆っているケンです。

この調子だと、将来禿げるでしょう。

この現実を目の当たりにして、僕はどういう措置を取ればよいのでしょう。
誰か、僕に光を……。



僕の小学校の先生に、一人、額面積の広い、バーコードがいました。

彼は、素朴で、アブラでてかてか光るその頭で有名でした。

結構面白い体育の先生でして、
お得意の鉄棒では、連続3回逆上がり、バーコードを風に靡かせておりました。



そんな彼が僕らの担任になった年のことです。



連休明けだったかな?この辺はあまり覚えてないんですが。
某友人が授業中に居眠り……。小学生の癖して、いい根性してやがる。
眠っていることをそのバーコード先生が発見。




まず、小さく忍び笑い。


次に、クラス全員に向かって、「しーっ」と指示。


そして、居眠りする友人の顔の前で、手を何度か振る。


友人、反応皆無。というか、さらにはうっすら、いびき……。


バーコード先生、それを見て……























自慢の頭を一撫で。

























バーコードの部分を友人の頭に近づけ……
























ゴン……






















ん?
今、鈍い音が……。






















頭と頭が接触しているという、普通は考えられない壮絶な光景。



























目覚めた友人が、一言……。





























「痛ぇ……(頭をさすりながら)なんか、ぬるぬるする……」































生徒を注意したのに、傷つくバーコード頭。














僕らが卒業した後、彼は転勤した。



































カツラというなの装飾品と共に。





ちょっと思い出したんで、書いてみました。
こんな感じで、僕の少年時代は、不安定な日々でして……はい。

今日はここまでです。



banner3



スポンサーサイト
徒然 | 22:33:57 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。